クリアファイルを1冊にまとめて収納

クリアファイルは、穴を開けずに書類を収納でき、透明なので中身の確認も容易です。その一方で複数の書類を各クリアファイルに収納していくと、同じテーマの書類であってもバラバラになりやすく、それぞれの内容を閲覧しにくいといったデメリットがありました。

写真左から黒・透明・水色・赤

そんな不満を解消するために生まれたのが、キングジムの「ホルサック クリアーホルダーファイル」です。複数のクリアホルダー(クリアファイル)を差し込むだけで冊子のようにまとめられる「クリアーホルダー専用のクリアファイル」です。カラーは全4色で、価格は6枚収納タイプ が550円(税込み)、12枚収納タイプが726円(税込み)です。

ホルダーストッパーにクリアーホルダーの角を挟む

ホルサック クリアーホルダーファイルの使い方はとても簡単です。まず、上部のホルダーストッパーをクリアーホルダーの左上角に挟み、奥まで差し込みます。ストッパーをクリアーホルダーの中に差し込むのがポイント。

クリアーホルダーの下部をポケットに挟む

次にクリアーホルダーの下部をポケットにはめ込むだけで完成です。上部と下部をストッパーとポケットに挟むことで、移動中もバラけることなく、しっかりと固定されます。また手順を逆にすると、取り外しができるので、クリアーホルダーの入れ替えも楽々。クリアーホルダーが冊子状にまとまっているので、パラパラと本をめくるように書類が探せる上、収納したままでも中の書類が閲覧しやすいのがポイントです。

クリアーホルダーを12枚挟んだ状態

ホルサック クリアーホルダーファイルは、クリアーホルダーの収納枚数が6枚のものと12枚のものの2種類あります。クリアーホルダー1枚あたりコピー用紙は10枚が許容量なので、6枚タイプでは最大60枚、12枚タイプでは最大120枚のコピー用紙をまとめられます。写真は12枚のタイプで、実際に差し込んでみると出し入れがスムーズにでき、仕事で使うクリアーホルダーを1冊にまとめられるのでとても重宝します。手軽にファイルを差し替えることもできるので、クリアーホルダーをメインで使っている方におすすめしたい収納ファイルです。

次のページ
書類の量に合わせて背幅が伸びるファイル