――配給会社が動画配信を手掛けるということでの難しさ、また今後の期待感などを教えてください。

劇場配給は映画館を通じて作品を紹介しますが、動画配信は直接ユーザーに作品を紹介できる。そこに違いがあります。JAIHOは映画ファンのコミュニティーになることを目指しています。その第一歩としてリクエストBoxを設置して、ユーザーの方からJAIHOで見たい作品を募っています。今後も映画ファンの皆様と双方向でコミュニケーションできるような機能を追加し、映画ファンが集う場所として楽しんでいただける環境を整えていきたいです。

世界の多様な映画に特化

――定額制の動画配信サービスは今非常に増えていますが、ここがライバルあるいは目指したいというところはどこでしょう?

映画だけではなく、ドラマ、アニメ、バラエティー等も配信する大手サービスと違い、JAIHOは世界の多様な映画に特化したサービスです。そういった意味では国内には類似サービスはなく、海外の配信サイトですとMUBIのような映画ファンに向けて映画を幅広くより深く紹介する個性的なサービスに成長していきたいです。

――現時点での反響を教えてください。

「既存の大手サービスは作品が多すぎてどの作品を見たらいいのか迷うが、JAIHOは厳選された作品のみを配信していてセレクトショップのような雰囲気が良い」「今まで食わず嫌いで見なかったジャンルの映画を、JAIHOを通じて知ることができて、新しい世界が広がった」などの感想をいただいています。

――9~10月のお薦め作品を教えてください。

ベネチア国際映画祭(9/1~11)の開催に合わせ、「アルプス」(ヨルゴス・ランティモス監督)や「私の血に流れる血」(マルコ・ベロッキオ)などヴェネチア映画祭で話題になった日本初公開作品を独占配信中です。その他「オスロ、8月31日」(ヨアキム・トリアー)、韓国の女性監督作品「アワ・ボディ」(ハン・ガラム)、アクシャイ・クマール主演のインド映画「弁護士ジョリー」などJAIHOでしか見られない話題作が目白押しです。

今後も、世界の映画祭で喝采を浴びた傑作を、東欧、北欧、ギリシャ、アフリカなど国・地域ごとに特集を組んで紹介していく予定です。JAIHOで旅するように映画を楽しんでいただければ幸いです。

『アルプス』(10月2日配信終了)。愛する人を亡くした人々の喪失感を癒やすため、故人を演じる謎の集団の顛末(てんまつ)を描く。『女王陛下のお気に入り』のギリシャ出身のヨルゴス・ランティモス監督が2011年に発表、第68回ベネチア国際映画祭で最優秀脚本賞を受賞した。日本初公開、初配信
「弁護士ジョリー」(10月8日配信終了)。『パッドマン 5億人の女性を救った男』のアクシャイ・クマール主演作。正義に目覚めた落ちこぼれ弁護士のジョリーが、汚職警官と悪徳弁護士に挑む痛快法廷ドラマ。コメディータッチだが、インドの司法制度や裁判シーンなど興味深い

(構成 前田かおり)

エンタメ!連載記事一覧