写真で紹介 スペース問題を解決するマルチ機能文具

2021/9/24
「1台2役」の便利グッズを紹介

テレワークが浸透し、自宅で仕事をする時間が長くなってくると、気になるのが仕事スペースの確保だ。そこで今回は、占有スペースを節約できる1台2役グッズを厳選。ここでは写真で紹介する。

【記事本編はこちら】仕事スペースを効率化 1台2役のマルチ機能文具4選

オンはノートPCスタンド、オフは収納BOXに

アスカ「ポータブルデスク DSK03」(メーカー希望小売価格4400円、税込み、以下同)
上にMacBookを乗せて文字を入力するところ。この辺りに置き、両手を上に乗せて使うと操作しやすい。10度の傾斜があるので、腕にあまり負担がかからないのもうれしい
仕事が終わったら、ノートパソコンと周辺機器を中に収納可能。収納する場合の耐荷重は3キログラム。引き出しを横にスライドさせ、機器を中に入れて引き出しをしまい、ボタンでしっかり固定する
手前に持ち手がついているので、収納した状態で持ち運ぶこともできるし、このまま立てて収納することも可能。木目調なので、リビングにおいてもあまり目立たない

ティッシュケースにスマホやペン、文房具を収納

ニトリ「ティッシュ・リモコンケース ブレッタ」(直販価格1212円)。カラーはホワイトとダークブラウン
ティッシュを入れ替えるときは、このように上のトレイを外して使い終わったティッシュを取り出す
ポケットに入っている3つのパーツ。測ってみたところ、低いものから順に2、4、6センチメートルだった。紙でできているので、ハサミで切ればちょうどいい高さにカスタマイズできそう

仕事中にスマホを充電 Qi対応ワイヤレス充電マウスパッド

サンコー「スマート充電マウスパッド」(直販価格1980円)
マウスパッドの横にUSBポートがあり、そこに専用ケーブルを挿して給電する。奥に少しくぼんだ模様が見えるが、この位置にスマホを置くと充電が始まる
Qiに対応しているiPhone 8を置いてみた。画面右上に充電マークが表示されている

「書く」と「開ける」をこれ1本で

ゼブラ「マッキーワーク」(メーカー希望小売価格198円)。インクの色は赤と黒
マッキーワークを使って梱包を開けているところ。説明書では対応しているのはクラフトテープと布テープだったが、写真のようなポリプロピレン製の透明な粘着テープも開くことができた
マーカーで文字を書いているところ。使い方は、いわゆる油性マーカーの「マッキー」と同じ。反対側のオープナーがついているキャップを外せば、細字用マーカーも使える

(ライター 井上真花)

MONO TRENDY連載記事一覧