仕事スペースを効率化 1台2役のマルチ機能文具4選

「1台2役」の便利グッズを紹介

テレワークが浸透し、自宅で仕事をする時間が長くなってくると、気になるのが仕事スペースの確保だ。家に十分な部屋数があれば仕事部屋を用意できるが、リビングの一角を間借りして仕事している人も多いだろう。そこで、単機能グッズに複数の役割を兼任させられれば、作業スペースがかなり広くなる。今回は、占有スペースを節約できる1台2役グッズを紹介する。

オンはノートPCスタンド、オフは収納BOXに

アスカ「ポータブルデスク DSK03」(メーカー希望小売価格4400円、税込み、以下同)

ノートパソコンを使って仕事をするとき、そのままデスク上に置くと姿勢が前かがみになり、腰や肩に負担がかかる。また、パソコン付属のカメラはアングルを調整できないため、そのままテレビ会議を始めると、カメラの映像が顔を下からあおる角度になってしまう。

こういうときに便利なのが、角度を調整できるノートパソコンスタンドだ。しかし、ノートパソコンスタンドは本体がかなり大きいため、使わないときは邪魔だ。そこでお薦めなのが、アスカ(名古屋市)の「ポータブルデスク DSK03」だ。

同社の従来品「どこでも学習台 DSK01」は、机の上に設置してその上で勉強するもの。約10度の傾斜がついているため姿勢がよくなり、集中力が上がるとして人気商品に。そこで、少し形を変えてビジネス向けとして発売されたのが、この「ポータブルデスク DSK03」だ。

大きさは幅400×奥行き310×高さ90ミリメートルで、上に物を乗せる場合の耐荷重は5キログラム。15.6インチまでのノートパソコンなら問題なく使える。「どこでも学習台」同様の10度傾斜設計なので、姿勢が正しく保てて集中力がアップする効果が期待できる。少しカメラの位置が高くなるため、テレビ会議のカメラ映りもかなり改善される。

上にMacBookを乗せて文字を入力するところ。この辺りに置き、両手を上に乗せて使うと操作しやすい。10度の傾斜があるので、腕にあまり負担がかからないのもうれしい

パソコン作業が終わったら、下にある引き出しを横にスライドし、その中にノートパソコンを収納する。引き出しが飛び出さないようにボタンで固定すれば、そのままカバンのように持ち歩け、収納BOXとして片付けることもできる。サイドの柄が木目調になっているので、リビングに置いても目立たない。

仕事が終わったら、ノートパソコンと周辺機器を中に収納可能。収納する場合の耐荷重は3キログラム。引き出しを横にスライドさせ、機器を中に入れて引き出しをしまい、ボタンでしっかり固定する
手前に持ち手がついているので、収納した状態で持ち運ぶこともできるし、このまま立てて収納することも可能。木目調なので、リビングにおいてもあまり目立たない
次のページ
ティッシュケースにスマホやペン、文房具を収納
MONO TRENDY連載記事一覧