枝豆のほか、納豆や豆腐、厚揚げ、大豆もやしなど、大豆を使ったつまみは多い(写真はイメージ=123RF)

大豆! 大豆といえば枝豆、納豆、豆腐、厚揚げ、大豆もやしなどなど、酒のアテ(つまみ)にぴったりな食品ばかり。しかも低カロリーで高たんぱくなので、肥満予防にもなるのではないかと期待したい食品だ。

しかし大豆と聞くと、気になるのは大豆に含まれているポリフェノールの一種、イソフラボンである。イソフラボンは、主な女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用を持つことで知られている。前回の記事で、「エストロゲンにさらされる期間が長ければ長いほど、そしてエストロゲンの量が多ければ多いほど、乳がんの罹患率が上がる」と伺っていた。イソフラボンによるリスクはないのだろうか?

「エストロゲンと似た作用があるイソフラボンは、その化学構造もまたエストロゲンとよく似ています。イソフラボンは体内に存在するホルモンの受け皿である『女性ホルモンレセプター』に結合することで、エストロゲンがそれに結合するのを阻止します。これによってエストロゲンの働きを抑え、乳がんの発生や進行を遅らせると考えられているのです。イソフラボンを含んだ食品は、特に女性ホルモンの分泌が乱高下する閉経前の女性に積極的にとってほしいですね」(松尾さん)

サプリはあくまでも「補助的」に

おお、これはまさに酒好きの女性にとっての救世主! イソフラボンといえば、サプリメントも出ているので、これを活用する手もありそうだ。どうでしょう、先生。

「サプリメントはあくまで“補助”と考えてください。サプリをとることを否定はしませんが、カラダにいいからといってたくさんとればいいということではありません。食品からならとり過ぎることはあまりありませんが、サプリだととり過ぎる可能性があります。お酒同様、適量を意識しましょう」(松尾さん)

なるほど、いくらカラダにいいとはいえ、「多ければいい」ということではないのだ。

ちなみに、最近は大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が腸内細菌によって代謝されて生み出される「エクオール」のサプリメントもある。これについても、イソフラボンのサプリ同様、「補助的なものとして考えたほうがいい」と松尾さん。大豆を使った食品がなかなかとれないときなど、ライフスタイルに合わせ、うまく活用したい。

ところでおつまみといえば、枝豆と並んで手軽な「チーズ」も定番だが、一部の週刊誌やネット記事において、「チーズなどの乳製品は乳がんの罹患リスクを上げる」という情報を目にすることがある。実際にはどうなのだろう?

「先に挙げた国立がん研究センターの『がんのリスク・予防要因 評価一覧』を見ると、牛乳・乳製品は『データ不十分』という評価になっています。日本人が年間にとる乳製品の量は欧米に比べるとかなり少ないので、このような評価になっていると思われますが、たまにおつまみとしてチーズを1~2片食べるくらいなら、そこまで神経質にならなくて大丈夫です」(松尾さん)

チーズ好きな人も、これを聞いてホッとしたかもしれない。

もう1つつまみで注意したいのは、肥満の原因にならないようにすることだ。前回も触れたように、肥満は閉経前の女性にとって乳がんのリスクを上げる「可能性あり(BMI30以上)」で、閉経後では「確実」にリスクを上げると評価されている[注2]

揚げ物などハイカロリーなつまみのとり過ぎに注意し、お酒を飲んだときのシメのラーメンはごくたまにやらかす程度に我慢したい(参考記事「ナッツより甘栗 酒好きも満足、ダイエットつまみ5選」)。リスクを下げる「可能性あり」の運動も取り入れつつ、節制を心がけたほうが良さそうだ。

[注2]国立がん研究センター「がんのリスク・予防要因 評価一覧」より。BMI(体格指数)は、体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))。

リスクはゼロではない、定期的に検査を

さて、「乳がんはエストロゲンと関係性が深い」ことを聞いて、低用量ピルをはじめとする女性ホルモンを補充する治療を行っている方はかなり気になっているのではないだろうか。

先生、生理不順や更年期などの対策に使う低用量ピルを服用しているお酒好きの女性は、乳がんの罹患リスクが上がるのでしょうか?

「正直、リスクはゼロとは言い切れません。利を得れば、失うものもあります。ただ初期に発売されたピルとは異なり、現在処方されているものはエストロゲンだけでなく黄体ホルモンも含有されているので、その分エストロゲンの量が少なく、リスクは下がると考えられます。低用量ピルに関しても、お酒と同じように『リスクはゼロではない』ということを念頭に置いて服用し、定期的に乳がん検診を受けるようにされるといいでしょう」(松尾さん)

私自身、若年性更年期の治療を皮切りに、もう15年近く低用量ピルや、更年期の治療薬(ウェールナラ)を飲んでいるが、現在まで主だった副作用はない。こうしたホルモン剤のリスクを受け止めつつ、更年期のしんどい症状を改善し、年に1回の乳がん検診を受けることで安心も得ている。

松尾さんは、定期的な乳がん検診の重要性について、こう教えてくれた。

「さまざまながんの中でも、乳がんは早期発見できれば命を落とす可能性が少ないものです。また発見が早ければ早いほど、手術治療での切除部位も最小限で済みます。乳がんの罹患は40代に急上昇し、その後はずっと高い状態を維持します。つまり40代以降はいくつになっても乳がんのリスクがあると考え、定期的に検診を受けることが賢明です」(松尾さん)

乳がんのリスクを理解した上で、酒の量や頻度をセルフコントロールし、おつまみにも気を付ける。さらに早期発見のために年に1回の乳がん検診を受ける。そして閉経前、閉経後にかかわらず、適度な運動にも取り組む。こうしたことを意識し、酒を長く楽しんでいただきたい。

(文 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト、図版制作 増田真一)

[日経Gooday2021年9月6日付記事を再構成]

松尾恵太郎さん
愛知県がんセンター がん予防研究分野分野長。1996年岡山大学医学部卒業。亀田総合病院、岡山大学医学部附属病院医員(第二内科)、愛知県がんセンター研究所(研修生)、ハーバード公衆衛生大学院疫学部(国際がん研究機関ポストドクトラルフェロー)を経て、2003年より愛知県がんセンター研究所疫学・予防部研究員。2013年より九州大学大学院医学研究院予防医学分野教授。2015年より愛知県がんセンター研究所遺伝子医療研究部部長。2018年4月より現職。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント