容赦ない坂上忍の反論を情熱プレゼンで説得~坂上忍の成長マン!!日経エンタテインメント!

2014年上半期で216番組に出演し、千原ジュニアと並んで「テレビ番組出演本数ランキング」で16位に入った坂上忍(※ニホンモニター『2014上半期タレント番組出演本数ランキング』調べ)。本業は俳優でありながら、毒舌、潔癖、ギャンブル好きといった特異なキャラクターがバラエティーで受け入れられ、2014年4月には冠番組『坂上忍の成長マン!!』がスタートした。

ひと癖ある坂上に新しい価値観を伝えようと、「ゴルフ」「男の美容術」「スウェットコーデ」など、多岐にわたるジャンルからテーマを設定。それぞれの分野に詳しいタレント2~3人を先生役の「教えマン」として迎え、熱いプレゼンを展開する。生徒役の「成長マン」、坂上の反論には容赦がない。どこまでうまく切り返して説得できるかが見どころになっている。

この番組が誕生したきっかけは、2014年の1月と3月に放送された『ジュニアとロンブー淳 ラブ婚VSダメ婚SP』という単発番組。坂上は、元アイドルと結婚した庄司智春(品川庄司)やあべこうじに向かって「アイドルなんて大したことない」などの暴言を吐き、スタジオを盛り上げている“ガヤ”に対しても、「さっきから何なんだよ」とツッコむなど、トークの流れを無視した発言で大勢のお笑いタレントを圧倒。「芸人のルールが通用しない」とざわつかせ、それでいて「俺はダメ婚じゃない。ダメ人間なの!」と自分を落として弱みをさらけ出した。

「僕らが『ロンドンハーツ』などで何年も見てきた芸人さんの“ひな壇”の世界を、一瞬でぶち壊されたというか(笑)。でも、それが決して嫌な感じではなく、新鮮でもあって、衝撃を受けました」と、プロデューサーの藤城剛氏。すぐに坂上をメーンにした番組をやりたいという話になったという。

エンタメ!連載記事一覧