肥満増加の真犯人? ポテトチップをやめられないワケ食品に仕掛けられた至福の罠(2)

お菓子を食べはじめたら、途中でやめられなくなり、気づいたら一袋を一気に食べてしまった──。そうした経験は誰にでもあるだろう。実は、加工食品のグローバル企業は、消費者が自社の食品を買い続けるよう、さまざまな罠(トラップ)を製品に仕掛けているという。『ニューヨーク・タイムズ』紙記者のマイケル・モス氏は、近著『フードトラップ』で、長期的には健康をむしばむ可能性があることを承知で、消費者をひっかける製品を次々と世に送り出す加工食品業界の実態を暴いた。著書の舞台は米国だが、登場するのは世界を市場にしている企業ばかり。当然、日本も無関係ではいられない。2010年に食肉汚染報道でピュリッツアー賞した敏腕記者モス氏が、無防備に加工食品を利用する消費者に警鐘を鳴らす。

大手加工食品企業の実態を調べるために資料を集め、業界幹部のインタビューを重ねるにつれて、消費者が気を付けるべき多くのことが明らかになっていった。

たとえば、食品企業は、商品に健康的なイメージを持たせるために果物を利用している。果汁の濃縮液がほんのわずかでも加えてあれば、企業は合法的に「フルーツ」という単語をパッケージに躍らせることができる。しかし、果物をひたすら濃縮していくと、残るのはほぼ糖分だけになる。米国人がこの形で1年間に摂取する糖分量は、平均約32キログラムにも達する。

濃縮果汁の製造方法はさまざまだが、大まかな工程は次のとおりだ。まず、果物の皮をむく。ここで食物繊維やビタミンの多くが失われる。次に果汁を抽出する。これで食物繊維がさらに失われる。苦味成分を除去する。品種混合によって甘味を調整する。最後に、水分を蒸発させる。極端な場合、こうして得られる最終産物は、業界で「裸の果汁」と呼ばれる。
 基本的にそれは、繊維質、味、香りなど、実際の果物からわれわれが連想するものがほとんど完全に取り除かれた、純粋な糖である。つまり、栄養的には砂糖や異性化糖よりなんら優れたところがない、別の種類の糖にすぎない。こうした濃縮果汁の価値は、果物の健康的なイメージを残しているところにある。(『フードトラップ』より抜粋)

乳製品に関しては、米国政府は酪農業界と手を組み、飽和脂肪酸をチーズという形態でわれわれの食事に押し込んだ。消費者サイドでは、飽和脂肪酸の摂取量を減らすために低脂肪乳を選ぶ人が増えていた。しかしその陰で、チーズが、食品から原材料へと姿を変えていった。

幼児期に強い塩味の食べ物を与えられると、その後、塩分を好むようになりやすい(写真:Getty Images)

食料品店で気づいた人もいるだろう。かつてはブロックタイプとスライスタイプくらいしかなかったチーズの陳列棚に、今や細切りチーズ、キューブ状チーズ、裂けるチーズ、粉チーズなど、多種多様な商品が並んでいる。料理用として消費量を増やすのが目的だ。

乳製品売り場だけではない。食料品店のどこを見ても、チーズクラッカー、チーズ入り生地の冷凍ピザなど、チーズを前面にうたった商品が目に入る。これによって米国のチーズ消費量は1970年に比べて3倍に跳ね上がった。現在、一人当たりの年間消費量は平均15キログラムである。

幼児期の塩分摂取習慣が後の健康に影響する

さらに、食塩をめぐる攻防も見逃せない。1980年代前半、連邦政府が加工食品の塩分規制に乗り出そうとした。しかしスナックメーカーは、ナトリウム不足が妊婦に有害かもしれないとアピールしてこの動きを制した。

科学的研究から、塩分に関する新たな知見も得られている。

ヒトは生まれつき糖分と脂肪分を好むが、塩分は例外で、塩分に対する強い欲求がみられるようになるのは、生後6カ月以降だ。最近の研究によれば、幼児期に塩味の強い食べ物を与えられた子どもは、就学前に、加工食品の表面に付いている食塩を直接なめるようになる確率が高いという。

子どもが生まれつき塩味を好むわけではない。塩分の好みは教えられて獲得するものであり、教えられた塩分の好みはその人の食行動に深く根付く。

次のページ
食べるともっと欲しくなる悪循環
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント