ディーン・フジオカさん 実績「逆輸入」で幅広い活躍

東京五輪・パラリンピックが開催されていましたが、今夏は恋愛系の連続ドラマが多かったですね。テレワークやステイホーム中心の生活であっても、ドラマを通して夏らしさを感じることができた方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

主人公の幸せを最優先に見守る

(イラスト:川崎タカオ)

最近の恋愛ドラマで話題になるのが、物語の主軸となる男女の恋愛の傍らにたたずむ人物の存在感です。主人公である女性の味方となり陰で支えながら、自身の恋は成就することなく、最終的にはヒロインの幸せを一番に考え、見守り続けていくというのが役どころです。

このポジションを演じる俳優さんたちが、ツイッターなどで話題を集める傾向にあります。この夏の連続ドラマでは、『推しの王子様』(フジテレビ系)のディーン・フジオカさんがその1人と言えるのではないでしょうか。

『推しの王子様』は、比嘉愛未さんが演じるスタートアップ企業「ペガサス・インク」の社長・日高泉美が主人公の物語です。同社は女性向け恋愛ゲームを手掛けています。

ディーンさんは、この会社の副社長兼ゲームディレクターとして、泉美社長を力強くもやさしくサポートし続ける役を演じています。そんなペガサス・インクが手掛ける大ヒットゲームには「ケント様」というキャラクターが登場します。ケント様は実は、泉美社長自身の「推しキャラ」でもあります。渡邊圭祐さんが演じる五十嵐航はそのケント様とそっくり。泉美社長はそんな航と出逢い、公私の両面で航を理想の男性像に育て上げていくことを決意します。

恋愛模様がメインテーマであるとはいえ、組織運営や人材育成を考える上でも、気づきの多いお仕事ドラマになっています。

このドラマの第1話完成報告会の場で、主演の比嘉さんは、副社長役を演じているディーンさんのことを「巻きの王子様」と呼んでいると明かしていました。ディーンさんは「巻いて(撮影を早めに終わらせられるようにして)、1秒でも早く帰ろう。それがクオリティーにつながる」という認識のもと、効率的に仕事をこなす労務管理の面からも、現場をまとめあげているのだとか。

規律正しいイメージのあるディーンさんらしいエピソードのような気がします。

次のページ
海外で活躍した後、35歳で朝ドラ好演