powered by 大人のレストランガイド

塩をかけるのはスイカだけ? フルーツとのうまい関係魅惑のソルトワールド(57)

塩を使えばフルーツがさらにおいしく楽しめる
塩を使えばフルーツがさらにおいしく楽しめる

時間がたつのは早いもの。暑かった夏が終わり、すっかり秋の気配が漂う。「味覚の秋」「食欲の秋」とも言われ、おいしいものがたくさん出回る季節でもある。秋のフルーツの代表格といえば、ぶどうや柿、梨などだが、近年は晩生の桃もよく見かける。フルーツを「塩」でさらにおいしく食べるにはーー。それが今回のテーマだ。

フルーツに塩と聞くと、意外な組み合わせのように思われるかもしれない。だが、スイカを思い出してほしい。塩をかけて食べる方も多いだろう。実はフルーツに塩をかけて食べるのは、日本だけに限らない。台湾やベトナム、タイ、カンボジア、ミャンマーなどにもある食習慣なのだ。

いずれの国や地域も、フルーツの生産が盛んで、街中を歩けば、カットフルーツやフルーツジュースの屋台をよく見かける。しかも、どれも非常に安い。フルーツを買うと、塩の小袋がついてきたり、塩をかけてくれたりすることも少なくない。

これには気候が深く関係している。湿度が高く高温な時期が多いこれらの国・地域では、体温の過剰な上昇を防ぐため、本能的に水分が多く、身体を冷やす働きをする果物をよく口にする。果物を食べると、水分だけでなく、ナトリウムの排出を促すカリウムも多く摂取できる。果物には利尿作用もあるため、不足しがちになる塩分を補うために、自然と塩をかけるようになったようだ。

日本も地球温暖化の影響のせいか、気温や湿度が異常に高い日々が増えている。フルーツ果汁入りの飲料に塩をブレンドしたものや、フルーツ×塩の組み合わせを提供するレストランなどが登場するようになったのも、こうした日本の気候変動を反映したものなのだろう。

もちろん、習慣として根付くようになるには、おいしくなければ、が前提となる。「スイカに塩」で分かるように、塩をかけると、スイカの甘さが引き立ち、より甘く感じられる。

パイナップルなど酸味の強いフルーツに塩をかければ、逆に酸味を抑えてくれるし、グレープフルーツなどに塩をかけると、苦味を抑え、食べやすくなる。「フルーツに塩」は様々な利点があるからこそ、人々の間に定着してきたのだろう。

次のページ
海外には何と「フルーツ専用」の塩も
メールマガジン登録
大人のレストランガイド