Windowsが6年ぶり刷新 現行「10」とは何が違う?6年ぶりの新Windows その概要を明らかに(上)

マイクロソフトは2021年6月にWindows 10(ウィンドウズ10)の後継OS(基本ソフト)「Windows 11(ウィンドウズ11)」を発表した。実に6年ぶりとなるウィンドウズの新バージョンだ。

11には10から無償でアップグレードできる。21年10月5日から段階的に配布が始まる。10から11へ。6年続いた10のアップデートとは一線を画す新名称に、期待と戸惑いが交錯した読者も少なくないはずだ。新OSの概要を2回にわたって解説しよう。

◇    ◇    ◇

ウィンドウズ11はウィンドウズ10の後継となるOSで、6年ぶりに登場した新バージョンだ(図1)。ユーザーインターフェース(UI)が刷新され、機能も大幅に強化されている。10月5日のリリース以降、10パソコンの多くは無料でアップグレードできる。

図1 10月5日、マイクロソフトはウィンドウズ10の後継OSであるウィンドウズ11をリリースする。各種の機能強化だけでなく、ユーザーインターフェースが刷新されるなど、見た目や使い方も大きく変わっている。11のハードウエア要件を満たす10搭載パソコンは無料でアップグレードできる

セキュリティー強化の代償で非対応CPU続出

ウィンドウズは、10が登場するまでは数年置きに新バージョンが登場していた(図2)。しかし10以降は、無償の大型アップデートによって機能改善を進めていく方式に変更。その意味で10は「ウィンドウズの最後のバージョン」ともいわれていた。実際、6年間は方針通りだったが、21年10月、ついに6年ぶりの新バージョンとなる11が登場する運びとなった。

図2 ウィンドウズの歴史をまとめた。10までは数年置きに新バージョンが登場していたが、10以降は年1~2回の大型アップデートで機能向上などを図っていく方式を採用。「サービスとしてのウィンドウズ(Windows as a Service)」という考え方の下、将来にわたり10をアップデートしていくとされていた。実際、10登場から6年間は方針通りだったが、2021年10月、ついに方針を転換し、後継OSの11をリリースする。なお、11のリリース後も10は2025年までサポートされる

この方針転換は、セキュリティー強化が狙いと推測される。11は不正なドライバーソフトや悪意のあるコード(プログラム)による攻撃を防ぐため、10のエンタープライズ(企業)版で採用している「仮想化ベースセキュリティー」が標準となっている。このため、少し古い世代のCPUは非対応となるなど、ハードウエア要件がかなり厳しい。ウィンドウズ10という名称のまま、利用できないパソコンが続出すると混乱が生じる。そこで11と名称を変え、より堅固なプラットフォームを目指したと考えられる。

11のハードウエア要件を満たす10搭載パソコンであれば、11には無償でアップグレードできる。対応機種は各メーカーのウェブサイトで確認可能だ。現行機種なら、マイクロソフトの11対応パソコン検索ページで要件を満たすものを確認できる(図3)。

図3 詳細は後述するが、ハードウエア要件を満たす10搭載パソコンは11へ無料アップグレードできる。対象機種などは各メーカーのウェブサイトで確認できる。Windows Update(ウィンドウズアップデート)経由でのアップグレードは、多くの場合2022年前半になる見込み。手動アップデートは11の正式リリース(2021年10月)とともに可能になると思われる
次のページ
本格的な提供は22年、最低1年は無料で更新可能
MONO TRENDY連載記事一覧