「パックご飯」が値上がり コメ離れなのにどうして?

電子レンジで数分温めるだけでほかほかのご飯が食べられる「パックご飯」の価格が上昇しています。日本人のコメ離れが言われて久しいなか、なぜ上がってるのでしょうか。食習慣の変化やメーカーの努力に加え、コロナの影響が色濃く出ています。

今年1~6月の生産量2%増

「パックご飯」は正式には無菌化包装米飯と言われています。1988年にサトウ食品が日本で初めて製造・販売をしました。テーブルマークやアイリスオーヤマなど多くの企業が参入しています。最大手のサトウ食品を例にとると、現在までに25種類以上のパックご飯を販売しています。日経POSデータで値段をみますと、2020年のスーパーのパックご飯全体の販売価格は前の年に比べ3%高くなりました。個別の商品でみると売れ筋のサトウ食品「サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ」(200グラム5個入り)は今年7月には549.6円。1年前に比べ約9円値上がりしました。

なぜ価格が上がっているのでしょうか?コメ人気が戻ってきたのでしょうか。いえ、違います。日本人1人あたりのコメ消費量は2019年度は53キロ。1962年の118.3キログラムをピークに年々減少しています。食べる量はピーク時の半分以下です。一方、パックご飯の生産量は2009年以降右肩上がり。2020年の生産量は19万7185トンと過去最高を更新しました(農林水産省の食品産業動態調査)。今年1~6月の合計で10万2264トンと前年同期比で2.2%増となっています。

次のページ
面倒な炊飯避ける動き