日経エンタテインメント!

『ナイツ・テイル』にしかない空気感と世界観

(左から)脚本・演出のジョン・ケアード、日本語脚本・訳詞の今井麻緒子

『ナイツ・テイル』という作品自体も、初演とは見え方が違ってくると思います。ジョンが少しずつ手直ししていて、最終的な形は僕にもまだ分かりません。特に直していたのがキャラクターをはっきりさせることで、例えば大勢の人が出ている場面で大事なことを言っている人がちゃんと立つように、周りの人の反応の仕方を細かく修正していくようなことです。物語がよりはっきりしてきたし、それが積み重なってエンディングがさらに感動的だったり、幸福感が増していたりするといいな、と思いつつ稽古を重ねています。

テーマも、僕は初演では女性の描き方が新しいと感じたのですが、3年たった今はちょっと違った時代になっていて、女性や男性を超えた価値観をみんなが持とうとしてるんじゃないかなと。今回の再演では、そこがどう描かれるのか、興味がありました。ギリシャ神話の時代の話なので、女はこう、男はこうあらねば、騎士はこう、王はこうしなければ、という価値観のなかで生きている人たちの物語です。特に女性が抑圧されていたり、しきたりに縛られていたので、初演ではそこに意識がいったのだと思いますが、今回はその先にもっと大きなテーマが広がっている感じがします。いろんな新しい価値観を自分たちでつくっていこうという話だと思うので、奥深さをあらためて感じています。

シェイクスピア劇としての面白さも『ナイツ・テイル』ならでは。セリフが直接的な表現ではなくて、比喩が多かったり、形容詞が多かったりするので、いろんな解釈ができます。例えば、言葉では「絶対にこうするんだ」と言っているけど、本心はすごく迷っているととれるような、詩的なセリフがたくさんあります。音楽やダンスが素晴らしいのはもちろんのこととして、さらに『ナイツ・テイル』にしかない空気感というのかな。大きな森の中に入り込んだようなセットも含めての独自の世界観が、今回の再演で確立されてきたと思います。

今回は9月の大阪、10月からの東京に加えて、11月中旬からは福岡で初上演となります。3カ月で計97公演の予定。新型コロナの感染対策には万全を期していますが、今の状況だと、全部を無事に上演できるほうが奇跡かもしれないとも考えてしまいます。僕たちも、もう1年以上コロナ禍の中でお芝居を続けているので、何が起きても動じないメンタルでいるとは思います。でも、状況は刻々と変わっているし、やはり命や健康が第一なので、それは常に忘れずにやりたいし、お客さまも気をつけて見に来ていただければと思います。無事に開幕できて、すてきな舞台をお届けできることを祈っています。

『夢をかける』 井上芳雄・著
 ミュージカルを中心に様々な舞台で活躍する一方、歌手やドラマなど多岐にわたるジャンルで活動する井上芳雄のデビュー20周年記念出版。NIKKEI STYLEエンタメ!チャンネルで月2回連載中の「井上芳雄 エンタメ通信」を初めて単行本化。2017年7月から2020年11月まで約3年半のコラムを「ショー・マスト・ゴー・オン」「ミュージカル」「ストレートプレイ」「歌手」「新ジャンル」「レジェンド」というテーマ別に再構成して、書き下ろしを加えました。特に2020年は、コロナ禍で演劇界は大きな打撃を受けました。その逆境のなかでデビュー20周年イヤーを迎えた井上が、何を思い、どんな日々を送り、未来に何を残そうとしているのか。明日への希望や勇気が詰まった1冊です。
(日経BP/2970円・税込み)
井上芳雄
 1979年7月6日生まれ。福岡県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。大学在学中の2000年に、ミュージカル『エリザベート』の皇太子ルドルフ役でデビュー。以降、ミュージカル、ストレートプレイの舞台を中心に活躍。CD制作、コンサートなどの音楽活動にも取り組む一方、テレビ、映画など映像にも活動の幅を広げている。著書に『ミュージカル俳優という仕事』(日経BP)、『夢をかける』(日経BP)。

「井上芳雄 エンタメ通信」は毎月第1、第3土曜に掲載。第100回は9月18日(土)の予定です。


夢をかける

著者 : 井上芳雄
出版 : 日経BP
価格 : 2,970 円(税込み)