堂本光一君と一緒に居眠り 安心感と刺激(井上芳雄)第99回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。9月7日から大阪・梅田芸術劇場メインホールでミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』の再演が始まります。10月からは東京・帝国劇場、その後は福岡・博多座で計97公演が予定されています。2018年の世界初演、そして20年のコンサートバージョンを経て、コンサート版で生まれた新曲も盛り込んだ、新しく進化した『ナイツ・テイル』をお届けできるのはうれしい限り。脚本・演出のジョン・ケアードや堂本光一君をはじめすてきな仲間たちとまた一緒に、この作品をやれる幸せをかみしめています。

製作発表会見での井上芳雄(左)と堂本光一(右)。『ナイツ・テイル-騎士物語-』は9月7日~30日大阪・梅田芸術劇場メインホール、10月6日~11月7日東京・帝国劇場、11月13日~29日福岡・博多座で上演

『ナイツ・テイル』は、シェイクスピア最後の作品『二人の貴公子』(共作・ジョン・フレッチャー)をミュージカル化したオリジナル作品です。従兄弟同士でライバルでもある2人の騎士が、同じ女性を愛したことで、愛と名誉と生死をかけて決闘を挑むことになるという話です。ジョンはロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクターで、『レ・ミゼラブル』初演を演出した世界的な演出家。彼をはじめ海外からもスタッフが参加した国際的なプロジェクトで、僕にとっても光一君と初めて共演した思い入れの深い作品です。初演の当時から、キャストのみんなが再演を願っていて、それが3年後の今年かないました。仲間と再会して、この作品をまたやれるのは本当にうれしいし、稽古も楽しくて幸せなのですが、初演のときと違うのが新型コロナウイルス禍。世の中や演劇界がこんな状況になっているとは、3年前は想像もつきませんでした。

ジョンは昨年のコンサート版では来日できなかったけど、今年は来られたので、彼の演出を直接受けられるのも3年ぶりの喜びです。ロンドンでは1年以上劇場が閉鎖されていたので、久しぶりの舞台の仕事だと思います。「日本の劇場がなんとか上演を続けられたのはすごいことだと、海外の演劇人は見ていたよ」と言ってました。ジョンは相変わらずひょうひょうとしています。コンサート版の稽古も、同じくジョンの脚本・演出で昨年再演した『ダディ・ロング・レッグズ』の稽古もリモートだったので、「早く会いたい。会ったら感動して泣いちゃうんじゃないか」と思っていたのですが、実際に再会したら、彼があまりに普通の様子なので、涙は出ませんでした(笑)。ただただ演劇を作りに来たという感じが彼らしく、それがうれしかったし、安心もしました。

そんなジョンですが、稽古場ではとてもエネルギッシュです。どんどん演出を変えていくから、やっぱり思いをためていたんだなと。今回はっきり変わったのは、新曲が加わったこと。コンサート版で初披露したのですが、光一君と僕のソロが1曲ずつ増えて、始まる前のオーバーチュア(序曲)もできて、カーテンコールの曲も増えると思います。同じ曲でもメロディーが違ったり、もっとエネルギーが欲しいとか、テンポを速くしたいとか、アグレッシブに変えています。僕はまだ全体を把握できていませんが、初演とは曲の印象がずいぶん違うのではないでしょうか。

次のページ
セリフのテンポが上がりスピーディーに
エンタメ!連載記事一覧