■4位 昨年8月、香港のオークション 山崎55年の落札額は?
30.1%
(1)約500万円 (2)約3500万円 (3)約8500万円
サントリー提供

「山崎55年」はサントリーホールディングスが20年6月に同社で最も熟成年数が長いシングルモルトウイスキーとして限定100本を税別300万円で抽選販売した。1964年以前に蒸留した原酒のみを瓶詰めした。20年8月には香港で英競売会社ボナムスのオークションに出品され620万香港ドル(約8500万円)で落札された。日本のウイスキー1本の落札額としては当時の世界記録とみられる。

ジャパニーズウイスキーは世界的ブームで、投機対象に。香港では昨年11月にもベンチャーウイスキー(埼玉県秩父市)の「イチローズモルト」のトランプのラベルのシリーズ54本セットが約1189万香港ドル(約1億6700万円)で落札された。

<正解は(3)>

■5位 一般的なウイスキーのテイスティンググラスは?
31.8%
写真の(1)~(3)から選んでください

ウイスキーの試飲には、チューリップ型といわれる小ぶりで香りを立たせるのに適した膨らみがあり、上部が少し細い形状が適しているとされる。専用のテイスティンググラスが販売されており、日本のモルトウイスキー専門バーなどでよく使われる。基本はストレートで飲むときに使う。「脚が付いているものが色を見るのに向いている」(谷嶋さん)

専門家がウイスキーの特徴をつかむのには向いているがおいしく飲めるとは限らない。海外ではホテルやバーでストレートを注文するとロックグラスで提供されることが多いそうだ。選択肢(1)は水割りでおなじみのロックグラス。(2)はブランデーグラス。


<正解は(3)>

■6位 世界最古の蒸留所はどこ?
33.1%
(1)スコットランド (2)アイルランド (3)トルコ

「ウイスキー案内」(栗林幸吉監修、洋泉社)によると、ウイスキー製造の最古の公式記録は1494年のスコットランド王室財務記録だ。だが1172年にアイルランドで大麦から造られた蒸留酒が飲まれていた記録があり、アイルランドの方が古いとの説が有力。最古の蒸留所をうたうのは英領北アイルランドのアイリッシュウイスキー生産者ブッシュミルズ蒸留所だ。

1608年に地元領主が蒸留免許を取得した記録が根拠とされ、公式には1784年登録。アイルランド島内ならアイルランド共和国製でも北アイルランド製でもアイリッシュウイスキーを名乗れる。

<正解は(2)>

■7位 ジェームズ・ボンドが最も飲んだウイスキーは?
33.9%
(1)スコッチ (2)アイリッシュ (3)バーボン

映画007シリーズの秘密情報部員ジェームズ・ボンドが好むお酒といえばカクテル。「ウオッカ・マティーニを。ステアせずシェークして」の台詞(せりふ)が有名だ。洋酒と映画に詳しいエッセイストの武部好伸さんによると、過去24作品でウイスキーを口にしたのは意外にも8回だけ。しかも「ほとんどがバーボン」(武部さん)

英国のスパイだから英国産のスコッチを好むと答えた人が多かったが、スコッチが出てくるのは2回。23作目で明らかになった好みのスコッチは「ザ・マッカラン50年」。バーボンの詳細は不明だが、日本で秋公開予定の25作目もバーボンを飲むかも……。

<正解は(3)>

次のページ
おいしく家飲み 氷避け炭酸注ぐ
メールマガジン登録
大人のレストランガイド