アボカドを毎日1個 腸内細菌を増やし代謝に好影響も

アボカドを毎日食べると腸内細菌の多様性が増すようだ。写真=(C)Phonlawat chaicheevinlikit-123RF
アボカドを毎日食べると腸内細菌の多様性が増すようだ。写真=(C)Phonlawat chaicheevinlikit-123RF
日経ヘルス

どんな食事が病気の予防になるの? また、どんな習慣がアンチエイジングにつながるの? 世界中で進む、“健康”にまつわる研究について、注目の最新結果をご紹介します。今回は、「アボカド」の健康効果について。「森のバター」とも呼ばれるほど栄養価の高い果物として有名なアボカド。毎日食べるとおなかにいいことがありそうです。では、見ていきましょう。

アボカドを毎日食べると腸内細菌の種類が多くなる?

アボカドを毎日食べると、腸内細菌の組成が変わり、腸の代謝に良い影響を与える可能性が米国の研究で示された(J Nutr.; nxaa219, 2020)。

アボカドは食物繊維とオレイン酸などの一価不飽和脂肪酸が豊富。一価不飽和脂肪酸は、酸化されにくく、悪玉のLDLコレステロールを下げる効果があるといわれている。

体格指数(BMI。体重[kg]÷身長[m]÷身長[m]で計算)が25以上の肥満の男女163人(25~45歳)を2群に分けて12週間の試験を行った。2群とも同じカロリーの食事をとってもらい、1つの群には追加で男性はアボカドを175g、女性は140g毎日食べてもらった。

その結果、アボカドを毎日食べた群のほうが食べなかった対照群よりも1日当たり一価不飽和脂肪酸を20g、食物繊維(不溶性、水溶性)を14g多く摂取しており、摂取カロリーは300kcal多かった。

参加者の便を採取して、便から腸内細菌を分析した。するとアボカド群は対照群と比較して、細菌の種類が多く多様性が増していた。腸内細菌の多様性の低下はさまざまな病気に関連するといわれる。

次のページ
食物繊維を分解する細菌にも影響か
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント