余剰在庫を格安で Z世代狙い原宿にSDGs配慮の衣料店

「Luck Rack東急プラザ表参道原宿店」。出店区画の床、壁、天井をそのまま利用している。レジ手前に二酸化炭素(CO2)削減量表示モニター、レジ横に衣料品回収BOXを設置した。正面のテーブルも、廃棄物と廃棄衣料品を原料としたサステナブル(持続可能な)リサイクルボード「PANECO」を使用した。左手前のラックにかかる「ステラ マッカートニー」と「ドリス ヴァン ノッテン」が顧客を新店舗に誘う
日経クロストレンド

メーカーや小売店の余剰在庫を買い取り、低価格で販売する「Luck Rack(ラックラック)」事業を運営するゲオクリア(名古屋市)は2021年7月22日、東京・原宿に新店舗「Luck Rack東急プラザ表参道原宿店」を出店した。19年4月に横浜市で1号店を開店して以来、全国で12店舗を展開中で、13店舗目は東京23区への初進出となった。

同社が展開する事業形態は、いわゆる「オフプライスストア」と呼ばれ、余剰在庫問題を背景に米国で発展した衣料品などの販売方法。循環型社会実現への取り組みを今回の店舗デザインに表現することで、SDGs(持続可能な開発目標)に向けたオフプライスストアという業態を知ってもらえるように仕掛けた。「オフプライスストアのビジネスモデルを知ってもらえる発信基地となることを目指す」(ゲオクリア社長の川辺雅之氏)

2021年6月、認知度を高めるため、店名を「ラック・ラック クリアランスマーケット」から「ラックラック」と短く変更した。ロゴも、旗のマークからシンプルなスクエアに変えた
開店日に93%の店舗内最大値下げを行った「アカネ ウツノミヤ」のトップス。デザイナーズブランドの積極的な値下げにより、廃棄削減につなげている
次のページ
レシートにもCO2削減量
MONO TRENDY連載記事一覧