MEN’S EX

2021/9/21

【Q】 柄×柄の合わせがうまくいかない

【A】 柄の大きさをずらすのが基本

柄のアイテムを2つ以上使うと、途端にガチャガチャと派手になってしまう……。そんな方にまず心得てほしいのは“柄の大きさをずらして合わせる”という大基本だ。細かい柄のアイテムには、思い切って大柄のアイテムを合わせる。すると、多柄使いも不思議とスッキリ見えるのだ。色合わせに関わらず通用するため是非覚えておきたい。

Study! どんな柄合わせでも、考え方は同じ!

柄ものを複数使ってVゾーンを組むときは、ジャケット、シャツ、タイ、チーフの柄をすべて違う大きさにするのがセオリー。千鳥格子とストライプのように異なる柄を合わせる際はもちろん、ストライプとストライプを合わせるときも柄のピッチをできるだけ変えたほうがよい。目がチカチカしないか比較しながら試そう。

【Q】 タイバーはどう挿すのが正解?

【A】 タイを持ち上げるように挿すと効果的

タイバーは単なる装飾品ではなく、胸元に立体感をプラスし、凜凜しさ、たくましさをアップさせる効果もある。ポイントは、タイをやや持ち上げてから挿すこと。これでノット周りがクイッと立ち上がり、立体感が生まれるのだ。また、タイバーを若干斜めに挿すとさりげない遊び心も演出できる。

【Q】 カラーシャツを着るとやぼったく見える

【A】 タイドアップで洗練を

トラッドテイストの復権でピンクやイエローなどのカラーシャツが注目されているが、ノータイで着るとポップさだけが目立ってやぼったい印象に見えがち。しっかりタイドアップしたうえで、“ヌケ”として効かせると洗練された印象になる。茶スーツなど渋色に合わせるのも効果的だ。

【Q】 つい同じようなタイばかり買ってしまう

【A】 パネルタイで印象一新

クローゼットを改めて見てみると、ほとんど同じ配色&柄のタイばかりがズラリ、という方は少なくないはず。そろそろ目新しいものをとお考えなら、パネルタイを買い足してみてはいかがだろう。その特徴は、写真のようにタイの一部分にだけ入った柄。この不規則性によって、定番柄もがぜん新鮮に楽しめるのだ。

MEN'S EX

[MEN’S EX Summer 2021の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE