サッポロ「新次世代アルコール飲料」爽快感で若者狙う

2021年8月24日発売の「サッポロ WATER SOUR」。トレードマークの星アイコンが目立ち、カラフルでスタイリッシュなデザインとなっている
日経クロストレンド

サッポロビールは2021年8月24日、新機軸商品として炭酸水テイストのアルコール飲料「サッポロ WATER SOUR」を発売した。「低アルコール×無糖」の軽やかな味わいで、自宅でのリフレッシュをはじめとした飲用シーンを想定している。

「サッポロ WATER SOUR」は、低アルコール(3%)、低カロリー(100ミリリットルで19キロカロリー)、無糖のRTD(レディー・トゥ・ドリンク、開栓してそのまま飲める飲料)アルコール飲料。雑味が少なく、後味の残らない爽快感が特徴で、これまでにない炭酸水感覚で楽しめるアルコール飲料を実現した。

サッポロビールマーケティング本部ビール&RTD事業部ブランド担当の市川昇平氏は、同商品を「全く新しい次世代アルコール飲料」と位置付ける。

「ライトに酔いたい」20~30代が増加

「日常のリフレッシュや、仕事から自分時間(オフの時間)に切り替えるきっかけとなるような、軽やかなお酒時間を提供し、新たな需要を喚起していく」と市川氏。

同社が、アルコール市場の中でも新カテゴリーとなる商品の発売を決めたのは、飲むことが負担になりにくいRTDアルコール飲料が若年層に売れると踏んだからだ。その理由は大きく2つある。

1つ目は同社をはじめとする市場調査で、20代を中心に気軽に飲めるアルコール飲料のニーズが高まっている結果が出たこと。2つ目は米国の若者の間で、「ハードセルツァー」と呼ばれる低アルコール飲料が人気であることだ。

サッポロの調べによると、20~30代の88%が「夜、家で趣味などの自由時間にお酒を飲みたいと思う」と答えた(21年3月に230人に調査)。主な理由としては「リフレッシュしたい」「楽しい気分になりたい」が多かった。全国消費者パネル調査会社インテージによると、20代のRTDアルコール飲料の購入率は前年比120%(20年4月~21年3月間)となった。

20代は他世代に比べて、RTDアルコール飲料に対するニーズが高い(画面左「RTD年代別購入率前年比」はインテージ調べ、画面右「RTD飲用開始時種類構成比」はサッポロ調べ)

20~30代では飲酒のニーズとともに、「酔い過ぎない」意識が高まっていることも判明。サッポロの調べでは「度数3%以下のお酒」を好む20代は半数を超え、30代でも4割を超えた(21年に1200人に調査)。

「若年層は自宅でのオフ時間に、趣味や学習など自分のやりたいことを邪魔しない程度の酔い感を求めている。平日の夜こそ『合理的に楽しく過ごしたい』ということで、リフレッシュをお酒に求めている傾向がある」(市川氏)

若い世代ほど低アルコールを好む人が多い(サッポロ調べ)

また、サッポロビールのマーケティング本部によると、今の20~30代は一昔前の世代より甘くない飲み物との接点が多いという。小さい頃からペットボトル入りのお茶やミネラルウオーターを頻繁に飲用し、最近では炭酸水が日常的に飲用されるようになった。甘くないものを好むなど、健康志向にシフトする若年層が多くなっているそうだ。

こうした市場背景や生活環境を受け、サッポロは「若年層に『低アルコールで甘くない、低負担』なRTDのニーズがあるのでは」と見通しを立てた。

次のページ
米国での低アルコール飲料盛況がヒントに
MONO TRENDY連載記事一覧