2021/9/8

安藤先生 そうです。新入社員の松本さんが、仕事を覚えたいから毎日深夜まで残業したいと思っても、上司が毎日朝まで仕事しろと指示したとしても、そのようなことは法律で明確に禁止されているわけです。松本さんは、労働経済論の授業を受講していますから、本日は説明を省きますが、こういった労働法関連の制度については、自分自身を守るためにも、ある程度は知っておく必要があります。

美咲 はい、わかりました。

働き方の実態、どうやって調べる?

安藤先生 労働法を守ることを前提としたうえで、企業はそれぞれ独自の労働条件や福利厚生の内容を決めています。また、実際にそうした制度や仕組みを活用しやすい社風かどうか、なんていうことが働き方に関わってきますね。

それでは、志望する企業の働き方に関する条件や社風が松本さんの希望する働き方に合っているかどうかを確認するためには、どうすればいいでしょうか?

美咲 そこがわからないのです。企業ホームページや会社説明会で確認する、先輩社員に聞くだけでは不十分だというのはわかるのですが。

安藤先生 そうですね。さまざまなアプローチが考えられますが、本当に気になる企業があるなら、その会社の前まで行って、働いている人々を確認してみるという方法はいかがでしょうか。

一日中その会社の前で観察するのは難しくても、数時間観察してみるとわかることもたくさんあるでしょう。具体的には、社員の皆さんの服装の様子や楽しそうに会話しているか、夜遅くまで電気がたくさんついているかといったことから働き方を読み取るのです。

美咲 なるほど。自分の目で確認してみるのも1つの方法ですね。

安藤先生 あとは働く人の髪形や服装、また表情などを見て、自分がその中に入って働いていることが想像できるなら、自分に合った会社として真剣に検討できますよね。

美咲 確かに!

安藤先生 会社を見に行くだけでなく、商品があれば購入して使ってみる、サービス業なら利用してみることも、その企業について知ることにつながります。

次に、先輩社員に聞くのはためらわれるという話についてです。松本さん自身が、企業ホームページや会社説明会などを利用してきちんと情報収集したうえで、理解できない点について要点をしぼって質問するのであれば、企業側も嫌な気持ちはしないと思います。

例えば、企業HPに「子育て休暇を付与」「社員の誕生日に特別お祝い金」なんて記載があれば、子育てに理解がある、社員を大切にする会社であることが垣間見えるわけです。企業研究をしているという点と合わせて、働き方の実情について質問することは可能だと思います。

美咲 確かに、そうですね。興味を持って質問しているということが相手にわかれば、嫌な気持ちはしないですね。じゃあ、私の希望が全部かないそうな企業も見つかるかもしれませんね!

働き方の「一長一短」を理解しよう

安藤先生 ちょっと待ってください。「希望がかなう」といっても、いいとこ取りはできませんよ。

松本さんの希望をみると、都内で働き続けたい、勤務時間や働き方に自由がほしい、給料が高く福利厚生もしっかりしていてほしいといった条件がありますね? 残念ながら、これらのすべてを同時に満たすのは難しいのが現実です。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録