アート&レビュー

クローズアップ

音楽祭に「オザワ」の冠 小澤征爾、80歳への決意

2014/8/5

世界的指揮者の小澤征爾(1935年生まれ)を総監督に毎年夏、長野県松本市で開かれている音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル」の名称が来年から「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」に変わる。小澤、80歳の新たな展開だ。

音楽の魅力に熱弁をふるい、思わず立ち上がった小澤征爾氏(8月4日、日本外国特派員協会で)

■ホールに名前…「お墓みたい」

同フェスティバル松本実行委員会の神沢陸雄実行委員長(キッセイ薬品工業会長・最高経営責任者)は8月4日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で開いた記者会見で、今年が小澤の恩師である斎藤秀雄の没後40周年と、その没後10年を機に発足したサイトウ・キネン・オーケストラの30周年の節目に当たり、これまで一貫して率いてきた総監督の功績と今後の国際展開を踏まえ「オザワの冠をつけることを了解していただいた」と、背景を語った。

続いて小澤本人が改称の枠を超え、音楽の本質や自身の歩み、親しい人々のことを予想以上の闊達さで語り出した瞬間、会見場の空気が変わった。詳細に再現してみよう。

◇    ◇

ボストン交響楽団の音楽監督だった時代、夏の仕事場はタングルウッド音楽祭だった。「シェッド」と呼ばれる野外ステージは、雨が降れば濡れる。屋内の新しいホールを木製でつくる話が決まったら、「名前はセイジ・オザワ・ホールにしよう」との声が出た。僕は「ホールに名前をつけるの、お墓みたいだから嫌だ」と抵抗した。それから日本やヨーロッパでせわしく指揮していたら、僕のいない間につけちゃった。後に何度もボストン響とそこでリハーサルするうち、「今日はオザワ・ホールで稽古しよう」と平気で言い出したけど、自分のことだと思わなかったんだろうな。3年もしたら、何でもなくなった。

アート&レビュー 新着記事

ALL CHANNEL