TikTok日本GM「大きな波が来るのはこれから」TikTok Japanゼネラルマネージャー 佐藤陽一氏

日経エンタテインメント!

TikTokの日本における運営をけん引するのは、ゼネラルマネージャーの佐藤陽一氏だ。Google、マイクロソフトなどに在籍、メディアやテクノロジー業界で30年近くの経験を重ね、2020年1月に現職に就任した。直後に新型コロナウイルス禍が日本を襲ったが、この1年半、TikTokはその特性を生かし、順調に成長しているという。

TikTok Japanの佐藤陽一ゼネラルマネージャー(写真:藤本和史)

「TikTokはショートムービープラットフォームであってSNSではありません。SNSは友人などとの交流を楽しむのが主な目的ですが、TikTokはそれがなくても楽しめるサービス。例えば一般的なSNSのフィードには友人やフォローしている人の投稿が表示されますが、TikTokのフィードには『おすすめ』と『フォロー中』との2つがあり、圧倒的に多くの人が見るのは『おすすめ』のほうなんです。TikTok独自のレコメンドシステムによりその人の趣味嗜好に合った動画が出てくる。それを見るだけでも楽しめるプラットフォームです。

投稿する場合も同じです。一般的なSNSの投稿は基本的にフォロワーにしか表示されませんが、TikTokではいきなり一定数の人たちの『おすすめ』フィードに表示される仕組みを用意しています。この仕組みにより、最初に投稿した動画がいきなり100万回以上再生されることも珍しくありません。

投稿される動画が、日常の延長で『等身大』なのも大きな特徴。例えば、TikTokでグルメの特集をすると、フレンチやイタリアンだけでなく、ラーメン屋や焼鳥屋などの動画がたくさん出てくる。非日常もすごく大事ですが、普通の日常にハレの日なんてそうあるものではない。TikTokにもハレの日の動画はたくさんありますし、再生回数や『いいね』も伸びますが、その一方で部屋の中から一歩も出ないで撮った動画も人気となる。この許容力や幅広さもTikTokの魅力の1つです。

コンテンツのジャンルが多様化するとともに、面白い動画も増えています。現在はユーザー数はもちろん、ユーザー1人当たりの視聴時間も伸びています。1年前は52分だった1日の平均視聴時間が、現在は62分と10分間増えました。TikTokの動画は短いですから、それだけ多くの動画を見ていただいていることが分かります」

次のページ
ライブは近さが強み
エンタメ!連載記事一覧