N
アート&レビュー
エンタウオッチング

Everybody、「クリティカルヒット」で大躍進

2021/9/13

エンタウオッチング

左/タクトOK!! 1986年、熊本県出身。右/かわなみchoy?94年、神奈川県出身。コンビ名はchoy?の発案。「ダサいほうがかわいいかなと」(choy?)。「クリティカルヒット」は各音楽サイトで配信中。吉本興業所属
日経エンタテインメント!

パステルカラーの衣装をまとい、アメリカンポップな表情や動きで笑いを生み出す男女コンビ・Everybody(エビバディ)の勢いが増している。タクトOK!!の心を射止めるために、かわなみchoy?がオリジナルソングを披露するリズムネタ「クリティカルヒット」が代表作。EXITをはじめとする芸能人や、インフルエンサーがこぞってマネしたこともあり、TikTokではこのネタを取り入れた動画が7億回以上再生されている。

注目度が急上昇したきっかけは、今年元日に出演した『ぐるナイおもしろ荘』だ。放送直後にバズることを狙って、ユーチューブとインスタグラム、TikTokに動画を投稿したところ、「期待していた100倍以上も拡散されたんです。もうビックリして。LINEやツイッターの通知も鳴り止まなかったです」(タクト)という。

4月に『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)に初出演した際は千鳥が絶賛し、番組の常連に。バラエティーのゲスト出演も増加中で、5月には乳酸菌飲料「ピルクル400」のCMに起用された。

NSC(吉本総合芸能学院)東京校の15期生(タクト)、18期生(choy?)という、先輩・後輩の間柄。お笑い好きになったきっかけは、「『めちゃイケ』のナイナイ岡村(隆史)さん」(タクト)、「『笑う犬の冒険』のホリケン(堀内健)さんが大好きでした」(choy?)と話す。それぞれ別のコンビだった頃から、ライブなどで顔を合わせる機会が多く、交流はあったという。「3~4年前に僕がピン芸人をやっていたときに、同じ衣装の色違いを着てもらって一緒にネタをやったら、めちゃくちゃウケて。手応えを感じてコンビを組むことにしました」(タクト)

注目記事
次のページ
「顔芸」ではなく「FACE」