いま一番使えるのは「明るめネイビー」 スーツQ&Aニューノーマルのスタンダード(1)

2021/9/12
MEN'S EX

“制服”から“勝負服”へと変わりつつあるスーツ。だからこそ、ひと昔前とは違う視点・基準で選ぶことが重要だ。良質な一着を選び、長く愛用するための秘訣を心得ておこう。




【Q】 今、最も使い勝手のいいスーツは?

【A】 明るめネイビーが新スタンダード

ビジネススーツの王道といえば紺無地だが、これから買い足すなら濃紺ではなく“ちょっと明るめ”を選ぶとよい。ドレスアップにも“軽快さ”が求められる昨今において、濃紺と同様にベーシックスーツとして活用でき、かつ時代性も演出できるからだ。下のとおり、濃紺にはない利点も多数。スーツの新スタンダートとしてまず押さえたい。

Study! “明るめネイビー”3つのメリット

Merit1  派手じゃないのに華やかに見える

“明るめ”とはいえ、あくまでネイビースーツゆえ派手に見える心配は無用。それでいて、パッと輝くような華やかさを醸し出せるのが大きな利点だ。チェック柄のタイやシャツなど、カジュアル感のあるアイテムがマッチしやすくなる点にも注目したい。同じ紺無地でも、少しトーンが変わるだけでガラリと印象が変わるのを感じるだろう。コーディネートもがぜん、新鮮な気分で楽しめるはずだ。

Merit2  定番の着こなしが爽やかに映る

これまで特に春夏シーズンにおいて、明るめネイビースーツは度々トレンドアイテムとして注目されてきた。その理由は、軽快感とともに演出できる清涼感。盛夏のタイドアップも暑苦しい印象に見せず、爽やかなたたずまいを築けるのだ。ストライプタイ&青無地シャツという至極ベーシックなVゾーンも、際立つ爽やかさがアクセントとなっていっそう印象的な装いになる。

Merit3 ノータイでも合わせやすい

明るめネイビースーツはカジュアルなアイテムがマッチしやすいと上で述べたが、ポロシャツやニット、カットソーなどを合わせたノータイスタイルを装うにも好適。クールビズ期はほとんどタイドアップしなくなったというビジネスマンにもおすすめで、これも明るめネイビーを新スタンダードと定義する理由のひとつだ。ドレスアップもカジュアルダウンもハマる万能スーツなのである。

【Q】 夏用スーツ、差がつく選択は?

【A】 モヘアのエレガンスをまとうべし

陽光まぶしい夏にこそエレガンスを発揮したいならぜひモヘア混スーツを着こなしてほしい。パリッとした端正さと輝くような光沢はうだるような暑さを吹き飛ばすほどの凜凜しさを発揮してくれる。シワがつきにくいという機能的メリットも夏におすすめの理由。クラシック好きなら一度は袖を通したい。

Study! モヘアとは?

アンゴラヤギの毛を原料とする素材。シルクのような美しい光沢に加え、強いハリコシを備えているのが特徴。それゆえ非常に仕立て映えし、スーツの立体感を引き立たせてくれる。

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram