池谷さんは、血管のしなやかさを知る血管年齢に加えて、「頸動脈エコー(超音波)」という検査を受けることを勧めています。「血管力という概念は、血管年齢が示す『血管のしなやかさ』と、頸動脈エコーで分かる『血管の内壁のなめらかさ』を合わせたものです。血管年齢検査だけでなく、頸動脈エコーも受けておくことをお勧めします。実際、血管はそれほど硬くなっておらず、血管年齢検査では実年齢相当という結果でも、頸動脈エコーで数カ所のプラークが検出されるというケースは少なくありません」(池谷さん)

頸動脈エコーは、超音波を使って首の太い動脈(頸動脈)の画像をモニターに映し出し、血管にコブはないか、血液がスムーズに流れる状態か、つまり、血管の内壁の「なめらかさ」を調べる検査です。頸動脈を見れば、全身の血管の状態を推測することができます。10分程度の検査で、血管にできた大きなコブはもちろんのこと、破れやすいタイプの小さなコブも確認できるそうです。

頸動脈エコーには、目に見える動かぬ証拠として、本人が血管の状態を実感できるという利点もあります。

「例えば、悪玉のLDLコレステロール値が高い人の中には、薬を飲みたくないという人がいます。でも、頸動脈エコーで血管にコブがある画像を見れば、ほとんどの人は、『コブが傷ついたら命に関わってしまう』『内服が必要なら、ぜひ薬を飲んで治療したい』と思うようになります」(池谷さん)

それとは反対に、LDLコレステロール値が高いのに、頸動脈エコーではコブが見つからないケースもあります。その場合は、血管事故を起こす可能性はまだ低いと判断し、薬を使わず生活を改善しながら様子を見ることもあるそうです。このように、頸動脈エコーは血管のなめらかさを把握するだけでなく、治療方針を決める手がかりにもなるのです。

動脈硬化リスクが高い人、つまり、高血圧や脂質異常症、高血糖がある人や、喫煙する人、肥満(メタボリックシンドローム)の人は、年齢に関係なく、少しでも早く、血管年齢や頸動脈エコーなどの検査を受けましょう。また、大まかな動脈硬化度は、血圧の値から推定することも可能です。動脈硬化が進むと血圧が上がるため、血圧の値も、動脈硬化の進行の程度を推測する指標の1つとなるのです。血圧によるセルフチェック法の詳細は下記の「健康寿命や突然死回避のカギ握る『血管力』 測定する方法は?」をご覧ください。

この記事は、「健康寿命や突然死回避のカギ握る『血管力』 測定する方法は?」https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/21/032900011/040500002/(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。

[日経Gooday2021年8月2日付記事を再構成]

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント