PM2.5は「シミ増やす」 美容業界が注目する新市場日経BPヒット総研 黒住紗織

エンターテインメント、トレンド、健康・美容、消費、女性と働き方をテーマに、ヒット案内人が世相を切るコラム「ヒットのひみつ」。今を象徴するキーワードから、話題の理由、面白いワケなど、「ひみつ」を明らかにします。今回のヒットワードは「PM2.5美容」。微小粒子状物質「PM2.5」の影響は呼吸器だけではないことがわかってきて、その「意外な商機」に業界が注目しています。

中国では微小粒子状物質「PM2.5」などの大気汚染問題が依然深刻。春に北京駐在が決まった知人は、高ろ過フィルター付きマスクや空気清浄機を携えて心配顔で旅立ったが、2014年7月に入っても「視界が悪い」日が続いているという。

PM2.5による大気汚染が慢性化している中国・北京市内

PM2.5といえば、ぜんそくや慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患、心血管疾患などへの悪影響が知られているが、実は糖尿病のリスクを上げることも明らかになっている。

中国の糖尿病患者数は1億人超、インドは6000万人超とも言われる。生活習慣のほかに大気汚染まで原因になるとすれば、今後さらに罹患者の増加スピードの加速要因になる可能性もある。

健康不安を背景にPM2.5対策市場が急拡大

こうした健康不安を背景に成長しているのが「PM2.5ビジネス」とも呼べそうな市場。中国では空気清浄機やフィルター付きマスクなどがよく売れており、空気清浄機ではシャープ、ダイキン工業、パナソニックなど日本製品の人気が高いようだ。たとえばダイキン工業は2014年1月、2014年度の中国での販売目標を、前年度の約2倍の15万台にすると発表。また、現地では屋内レジャー施設も盛況と報道されている。日本国内でも、大陸からの気流の影響を受けやすい冬場や春先を中心にPM2.5対策製品の売り上げは伸びた。不織布大手の日本バイリーンが2013年9月に発売したPM2.5対策マスク「フルシャットマスク」シリーズは、2013年度は計画値の2倍以上の実績値となり、14年度は13年度の4倍を見込んでいるという(同社広報)。

こんな「PM2.5ビジネス」に、健康分野だけでなく意外な商機が芽生えつつある。それが「美容」だ。きっかけは2010年に有名な皮膚科学会誌に発表された「大気汚染に含まれる排気ガスなどの微小粒子状物質(PM10以下)がしわやシミを増やす」という大規模な疫学研究。世界中の皮膚科医や美容業界が注目した研究だ。