有森裕子 東京五輪で見た「未来につながるレース」

陸上女子1500メートルで力走する田中希実選手(右端)
陸上女子1500メートルで力走する田中希実選手(右端)
日経Gooday(グッデイ)

前回(「有森裕子 スケボー選手たちが教えてくれた五輪の原点」)は、東京五輪の大会全体を通じて私が感じたこと、考えたことをお話ししました。今回は、大会後半に熱戦が繰り広げられた陸上競技の、トラック種目とマラソンについてお話しできればと思います。

日本の陸上競技の歴史を振り返ると、五輪や世界選手権でのトラック種目は予選落ちが当たり前の世界。五輪という大きな舞台で日本人選手が決勝に進出することは夢のまた夢で、そこには大きな壁が立ちはだかってきました。

しかし近年、男子の4×100mリレーで日本チームが2回もメダルを獲得するなど、少しずつ世界との距離が縮まってきています。今回の東京五輪も、選考会の段階から日本新記録が続出し、良い流れできていたので、決勝進出を期待しながらテレビの前で応援していた陸上ファンも多かったのではないでしょうか。

残念ながら、「世界の壁は厚い」と言わざるを得ない結果もありましたが、そんな中でも、未来につながる素晴らしいレースを見ることができました。

一際目立った選手といえば、男子3000m障害で日本人初の7位入賞を果たした三浦龍司選手(順天堂大学)や、女子10000mで1996年のアトランタ五輪以来の入賞となる7位に入った廣中瑠梨佳選手(日本郵政グループ)、そして、女子1500mで日本人初の8位入賞を遂げた田中希実選手(豊田自動織機TC)です。

外国人選手に見劣りしない頼もしい走りで、見事に入賞を果たした彼・彼女たちは、トラック種目の決勝で日本人選手が外国人と互角に戦うという新たな歴史を作ってくれました。

中でも印象的だったのが、どの選手よりも小さな体で女子1500m決勝のスタートラインに立った田中選手の走りです。トラック1周(400m)を62秒で走るというハイペースのレース展開の中、外国人選手に引けを取らない広いストライドとリズムを保ちながら最後までスピードが落ちなかった田中選手の力強い走りは、本当に素晴らしいものでした。世界最高峰の舞台で、準決勝でも決勝でも4分の壁を破るという結果には、ただただ驚くばかりです。

レース直後のインタビューでも、しっかりと自己分析や次の課題の発見ができていて、その聡明(そうめい)な受け答えにも頼もしさを感じました。田中選手だけでなく三浦選手、廣中選手もですが、五輪という大舞台で日本記録を更新し、成長を遂げていく選手が出てきたことは、「日本人選手もトラック種目で外国人選手と互角に戦えるのだ」というイメージを描かせ、次に続くアスリートたちの気持ちに火をつけたのではないかと思います。

次のページ
マラソン女子の一山選手はもっと上を狙えたのでは
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント