雨の日は軽量ポンチョ 避難所では開いて間仕切りに

「マルチポンチョ PA+NCHO」(税込み1万4300円)
日経クロストレンド

ゲリラ豪雨や超大型台風など、近年は大規模な自然災害が頻発している。被害は大きく、避難所生活を強いられるリスクも高まっている。

そうした状況を背景に、2021年6月に発売されたのが「マルチポンチョ PA+NCHO」(税込み1万4300円)だ。避難所での使用シーンを強く意識したポンチョで、開発したのは「#合繊でくらしを変えるプロジェクト」。繊維素材を製造するカジナイロン(金沢市)などで構成されるカジグループが、「繊維メーカーが集まっている北陸をアピールし、製品を直接作りたい」との考えから、20年に立ち上げたブランドだ。

この取り組みをまずは知ってもらい、消費者の評価を直接受けるため、クラウドファンディングの「Makuake(マクアケ)」を使って商品化に至った。防災関連のメーカーや小売店からの引き合いが多く、21年9月以降はカラーバリエーションを増やし、本格的な販売を予定するほどの人気を見せている。

フォレストグリーン、レイクブルー、スカイグレーの3色展開(写真提供:#合繊でくらしを変えるプロジェクト)

普段使いを意識しつつ、避難所生活にも対応

「避難所生活の原因の8割は、台風や大雨によるもの。普段は持ち歩いてポンチョとして使い、避難所生活でも活躍する製品を作ろうと考えた」。そう話すのはカジグループの1社であるカジレーネ(石川県かほく市)の砂山徹也氏。今回、PA+NCHOのチームリーダーを担当した。

これまでのポンチョでも避難所の床に敷いて、ブルーシートのように使えるものはあった。マルチポンチョはそうしたシート機能に加え、パーティションとして使いやすくした点がポイントだ。

シートとして使うなら1枚の平たい布になれば事足りるが、パーティションとして使うには不便。そのためマルチポンチョは、開いて柱などにくくり付けたり、付属のカラビナ(一部を開閉できる金属リング)を付けたりできるよう、ひもを備えている。単にひもを付けただけでは、ポンチョとして使うときに邪魔になる。そこで「使いやすさを維持したまま、収納できるようにした」(砂山氏)という。

避難所でこのようにパーティションとして使える(写真提供:#合繊でくらしを変えるプロジェクト)
アウトドアでは、タープとして利用も可能(写真提供:#合繊でくらしを変えるプロジェクト)
ひもが端に内蔵されている。反対側には重りなどを付けるときに便利なループも付く(写真右下)
ポンチョとして着る場合は、内部に収納できるので邪魔にならない
次のページ
肝心の着心地は?
MONO TRENDY連載記事一覧