N
アート&レビュー
JAZZYカフェ

2014/8/14

JAZZYカフェ

ジャネット・サイデル「マナクーラの月」

ジャネット・サイデル「マナクーラの月」(MUZAK)

ボサノバとハワイアンのすてきな組み合わせに続いて、南国の楽器とコラボレーションしているジャズの名盤があります。オーストラリア出身のジャズボーカリスト、ジャネット・サイデルのアルバム「マナクーラの月」。ハワイでよく聴くウクレレがまんべんなく入っています。小さな楽器ならではのちょっと引っ掛かった音や、自然に鳴る木の音も味があり、キュートでスイートなジャネットの声と重なって、フワフワとした雰囲気の心温まるアルバムになっています。ウクレレが入っているといっても、ハワイアンソングはアルバムタイトル曲だけで、他に入っているのは、ジャズやポップスのスタンダードやラテンの名曲たち。全体を通してとても聴きやすいアルバムなので、初めてジャズを聴く方にもお薦めです。

このアルバムはジャズ・ボーカル・チャート3カ月連続1位に輝いたほどのベストセラー。6年後の2013年には、続編ともいえるウクレレの入った作品「ある恋の物語~想いは遠く」もリリースしています。もし「マナクーラの月」が気に入ったら、2作続けて聴いてじっくりと堪能してみるのもいいかもしれません。夜にまつわる曲が多いので、日が暮れた頃の時間に、特別なワインを開けながら、友人たちとリラックスして聴くのもいいですね。

▼ここで聴けます

●小野リサ「LISA ONO Heartfull Acoustic Live 2014」(8月23日、横浜・関内ホール http://kannaihall.jp/)

▼島田奈央子、おすすめライブ

●TOYONO「Brasil with you~early evening bossa nova」(8月19日、MOTION BLUE YOKOHAMA http://www.motionblue.co.jp/)

●「Yoshida Keiko & Shigeharu Sasago Live」(8月15日、東京・西荻北、cafe bar copo do dia http://copododia.pokebras.jp/)

※8月14日時点の情報です。お出かけの際は直接ご確認ください。

島田さん提供
島田奈央子(しまだ・なおこ) 音楽ライターとしてジャズを中心に執筆。自らプロデュースするジャズ・イベント「Something Jazzy」を開催しながら、新しいジャズの楽しみ方を提案。著書に「Something Jazzy 女子JAZZスタイルブック」など。数多くのジャズのコンピCDやハワイアンのコンピCDなどの監修に携わり、音楽制作のプロデューサーとしても活動。
注目記事