廃線跡、ペダルでGO! レールバイクで絶景満喫

廃線となった鉄道の線路に自転車を固定して走る「レールバイク」が新たな観光スポットとして注目を集めている。トンネルの中や鉄橋の上など通常では見ることができない風景を楽しめる点が好評で、レジャーとして楽しむ家族客やカップルが目立つ。
神岡の町を一望できる旧神岡鉄道の高架橋をレールバイクで走る(岐阜県飛騨市)

「線路上」ならではの風景

7月25日午前11時、岐阜県飛騨市のレールバイク「ガッタンゴー!!」の乗り場に家族客ら約40人が集まった。飛騨市のレールバイクは、旧神岡鉄道の奥飛騨温泉口駅から出発し、神岡鉱山前駅で折り返す往復約6キロメートルのコース。参加者は自転車に乗りながら、鉄橋の上を走ったり、トンネルの中をくぐったりするなど線路を活用したレールバイクならではの風景を楽しんでいた。

同市のレールバイクは2006年に廃線となった神岡鉄道の施設を有効活用するため、地元の有志が考案し07年から始めた取り組みだ。料金は通常のマウンテンバイクで2千円(2人利用)、電動アシスト付きのマウンテンバイクで3000円(2人利用)など。

折り返し地点の神岡鉱山前駅。レールバイクの方向転換の間に休憩する観光客(岐阜県飛騨市)

友人や家族らと一緒に自転車をこぎながら山あいや渓谷などの景色を楽しめる点が好評で、13年の4~11月の利用者は前年比3割増の2万6千人と大幅に増加。14年4~7月の利用者も前年を2割上回って推移しており、8月の予約も「8月中旬までは予約でほぼ満員」(レールマウンテンバイク事務局の田口由加子さん)となるほどの人気だ。

25日に家族4人で参加した埼玉県上尾市の会社員、大沢徳高さん(36)は「鉄橋や渓谷など線路上を走らなければ見ることができない風景を見ながら走れて気持ちよかった」と笑顔。妻(47)と長女(26)と3人で訪れていた愛知県長久手市の川本健治さん(54)も「レールの上を走る経験は初めて。レールのつなぎ目を自転車で通過する時の音や振動が新鮮だった」と話していた。

MONO TRENDY連載記事一覧