スマホ料金プランが過熱 大手990円、MVNOは通話半額佐野正弘のモバイル最前線

2021年2~3月にかけ、大手携帯電話会社が従来より安価な新体系を打ち出し、大きな注目を集めたスマートフォン(スマホ)の料金プラン。それから半年あまりたった現在、再び料金を巡る動きが過熱し始めている。主戦場は小容量・低価格の料金プランだ。

UQ mobileは単身者の「1000円切り」を実現

まず月当たりのデータ通信量は3ギガバイト(ギガは10億、GB)前後と非常に少ないが、1000円を切る低価格プランに携帯大手が乗り込んできた。

NTTドコモの「ahamo(アハモ)」に代表される携帯大手のオンライン専用プランは、月額3000円弱で月20GBの高速データ通信ができるのが売りだった。だが、実際にそこまで大量のデータ通信を行うユーザーはそれほど多くなく、より小容量でさらに料金が安いプランの拡充が求められていた。

そうしたニーズに応えるため、携帯大手が小容量・低価格の料金プランを強化している。その一つが、KDDIのサブブランド「UQ mobile」に9月2日から追加された割引サービス「自宅セット割」だ。

UQ mobileは9月2日から多くのサービスを追加。従来提供していた「でんきセット割」を拡張し、固定ブロードバンドも対象にした「自宅セット割」を提供し始めた

これは同社の一般家庭向け電力サービス「auでんき」や「UQでんき」、あるいは「auひかり」やKDDIの提携先固定ブロードバンド回線に加入しているユーザーおよびその家族に対し、UQ mobileの通信料を毎月638~858円値引きするというもの(固定ブロードバンドによる割引は11月より提供開始予定)。9月2日から提供される「くりこしプラン +5G」に適用できる。最も安い通信量3GBの「くりこしプランS +5G」に適用した場合、料金は月額990円と1000円を切る。

UQ mobileの「自宅セット割」の料金水準は、ソフトバンクがサブブランド「ワイモバイル」で提供する「家族割引サービス」に近い。家族割引サービスは家族で複数の回線を利用すると2回線目以降の料金を月額1188円値引くサービスで、通信量3GBの「シンプルS」(月額2178円)に適用した場合、やはり月額990円で利用できる。

だが、ワイモバイルの家族割引サービスは家族で複数の回線を契約することが必須で、割引が適用されるのは2回線目以降に限られる。これに対してUQ mobileの自宅セット割は指定の電力サービスや固定ブロードバンドサービスに加入していればよく、単身者も利用しやすい。

これまで携帯各社は、家族契約を前提とした割引サービスに力を入れてきたが、単身者は長らく「蚊帳の外」に置かれていた。それだけに電力サービスとの併用で、1人でも利用できる自宅セット割は注目に値する。

次のページ
ソフトバンクLINEMOからも「1000円切り」プラン
MONO TRENDY連載記事一覧