素材使いに“一家言アリ” 老舗の部屋着Tは“幸せタッチ”

おうち時間の幸福感は極柔生地で高まる

自宅で過ごす時間が増えた今、快適さを高める部屋着の素材に目を向けたい。肌触りが優しく、リラックスできるフィット感は、おうち時間を充実させるカギだ。なかでも老舗の名門による一枚なら素材に間違いはない。

PHIL PETTER(フィル ペター)=上の写真上

世界最高峰のヴィスコースはさすが

オーストリア生まれのブランド、フィル ペターのTシャツは、一度着ると忘れられない風合いが魅力だ。今回の一枚は、世界最高峰のヴィスコースと言われるレンチング社のヴィスコースストレッチ糸を採用。高級感のあるシルキーなタッチや、ほどよくコシのある生地の風合いは目の肥えた洒落(しゃれ)者をも満足させるだろう。2万3100円(リング 東京店)

DEREK ROSE(デレク ローズ)=同中

高級感、機能性、着心地を網羅

主素材の高品質なマイクロモダールは、シルクのような風合いや高級感あふれる艶が特徴。一方、吸水性や速乾性、防湿性に優れるほか、肌に触れる部分のステッチを隠すような縫製など、機能面、着心地の点にも抜かりがない。また、生地にエラスタンを5%含むことで抜群の伸縮性を実現。リラックスできる一枚になっている。1万5400円(ボーダレス)

FEDELI(フェデリ)=同下

綿100%と思えない伸縮性に注目

アメカジアイテムのイメージを持たれることが多いポケットTシャツ。それをフェデリが手掛けると、ポケットがコンパクトになり、一味違う洒落っ気が漂う。素材は繊細なコットンパイルで、肌触りも実にいい。シルエットはスタンダードなスリムシルエット。素材はコットン100%のナチュラル素材ながら、伸縮力も十分。2万3100円(グジ 東京店)

近所まで少し買い物に、そんなときは何を着る?

脱・部屋着なポケTが“ちょっとそこまで”に重宝

いくら“ちょっとそこまで”であっても、まるで寝起きのような部屋着での外出は避けるべき。そんなときはポケTが正攻法。アクセントの胸ポケが部屋着っぽさ回避のポイントとなる。

LOOK SEA(ルクシー)

シルク×コットンで快適さと実用性を見事に両立

表地はコットン、肌に触れる内側はシルクというオリジナルのダブルフェイス生地を採用。見た目はコットンながら、シルクの肌触りや軽さ、吸放湿性の高さを体感できる点は実に魅力的。通年着られる一枚ではあるが、シルクには菌の繁殖を防ぐ効果があるため、暑さが厳しい季節にも活躍間違いなしだ。日本製。1万8480円(同興商事)

パンツ3万5200円/ジャブスアルキヴィオ(エフイーエヌ) その他〈スタイリスト私物〉

MACKINTOSH LONDON(マッキントッシュ ロンドン)

ツヤ感とハリ感が上質な表情に

高番手を使った天竺(てんじく)は、ハリとツヤがあり、滑らかな肌触りだ。カジュアルはもちろん、ジャケットのインナーまで、見栄えがするように胸ポケ付き、襟はやや高めといったディテールが採用されている。裾にさりげなく配されたブランドの象徴、ダンディーマンもお見逃しなく。9900円(SANYO SHOKAI)

※表示価格は税込みです。

撮影=若林武志、椙本裕子 スタイリング=四方章敬 ヘアメイク=MASAYUKI(The VOICE) 文=小曽根広光、川田剛史

MEN'S EX

[MEN'S EX 2021年9月号DIGITAL Editionの記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram