うっかりすると「歩く冷蔵庫」に

――鍛えた肉体には既製服の標準サイズは対応しきれません。どうしていましたか。

「とにかく特異体形なんです。もっとも服選びに影響が出るのは首のサイズ。男性の首回りは普通42センチくらいですけど、僕は45センチ。なぜか首の筋肉がいまだに落ちないんです。困るのはシャツで、首に合わせると手の長さが合いません。どちらかというとせっかちな性格なので、仕上がりを1カ月待つオーダーも嫌。そこで、若い頃は出来合いのシャツを手の長さに合わせて買って、無理やり首元をぎゅーっと締めて仕事をしていました。でも、責任ある立場になるにつれて、これではカッコ悪い、と思い直しまして、サイズ感にこだわって服を着るようになりました」

――いろいろ試してみて、たどり着いた結論は何でしたか。

「首回りに筋肉が付くと、肩がどうしてもなで肩になってしまう。いかり肩のスーツやジャケットは絶対似合わないと分かり、肩が合うスーツを選ぶようになりました。あと、太い首元に合うワイドカラーのシャツを合わせています」

クレリックシャツにブルーのタイとチーフ。ブルー系の服装を好む

――肩がしっかりした服が合わないというのは意外です。

「首は太い、手は長くない、足は短い。ズボンの丈は直せますが、胸回り、腰回りが太い。太ももも太い。社会人になりたてのころはどうしても、ズボンはダボーッとしたものを選んでしまう。すると、シルエットが、まるで冷蔵庫が歩いているみたいになる(笑)。今もうっかり大きめサイズを選ぶと冷蔵庫になってしまうので、タイトめのものを着て、締まったスタイルに見えるように気をつけています」

――きょうはネイビーのセットアップ。パッチポケットで少しカジュアルな感じもあり、お似合いです。

「BOSSのセットアップで伸縮性があってとても楽です。BOSSは最近では大谷翔平選手が着て話題になりましたが、以前からドイツのサッカー選手が着用するなどスポーツマンが着ているイメージで、自分にも合うのでお気に入りのブランドです。しかも、よく買いに行く伊勢丹メンズ館のBOSSのスタッフの方が、サイズの微調整が非常にうまいんです」

胸板が厚く背筋が伸びてポーズも決まる。BOSSのセットアップは機能的で動きやすいとお気に入りだ
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
次のページ
スーツ購入 オーダーより店での出合いから
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram