味はお店に匹敵のご飯入り缶詰 災害時にもお役立ち黒川博士の百聞は一缶にしかず(6)

この数年で種類が増えたご飯缶詰。非常食にも日常食にも使える
この数年で種類が増えたご飯缶詰。非常食にも日常食にも使える

9月1日の「防災の日」は、この日に起きた関東大震災(1923年)を期に創設されたと思っていた。しかし、東京消防庁のサイトを読むと、9月26日の伊勢湾台風(1959年)による甚大な被害も創設のきっかけだった、とある。防災の対象は地震だけじゃなかったのだ。

台風をはじめ、線状降水帯による長雨やゲリラ豪雨など新たな災害が増えている昨今。備えておきたいのが非常食だ。様々な商品があるが、僕がおすすめしたいのは缶詰。もともと軍隊や探検隊の携行食として生まれたものなので、基本的に調理は不要(湯せんが必要な缶詰もある)、金属製の容器は落としたり踏んだりしてもめったに壊れない。外部からの光や酸素も遮断するため、中身が劣化しにくい。

数ある缶詰の中で、非常食として特に注目されるのが、ご飯入りの缶詰だ(正式名称がないため、ここではご飯缶詰と称する)。炊き込みご飯やおかゆ、リゾットなどがあり、ご飯茶わん1杯分(150グラム)より多めの分量になっている。大人の1食分としては十分な量だろう。

かつては一部のメーカーしか作っていなかったが、今では数社が参入し、種類も増えてきた。今回は個性の違う5種類をピックアップし、実食してみた。

伊藤食品「美味しい牡蠣リゾット」(230グラム、12缶4044円)

避難生活が始まると、水分を摂る機会が減って、体調不良につながるケースが多い。その解決策の一助になるのが、リゾットやおかゆなど水分量の多い食事だ。

伊藤食品(静岡市)の「美味(おい)しい牡蠣(カキ)リゾット」は、多めの水で玄米を炊いてあるので、ある程度の水分補給もできる。具材のカキは旬の時期に水揚げされた生原料で、冷凍ものは一切使っていない。生のむき身を玄米と一緒に缶に入れ、密封してから加熱調理しているので、カキから出たうま味が逃げず、しっかりと玄米に染みこんでいる。

味付けはバターと塩、オニオンペーストで、カキ本来の風味にオニオンの甘味がよく合う。熱々に温めて粉チーズを振りかければ、まるでレストランで提供されるようなクオリティーだ。

次のページ
すしやとりめし、カレーまで
メールマガジン登録
大人のレストランガイド