医療保険は必要? 健保組合の負担支援制度をまず確認最新のお金リテラシーが身に付く! 得するWOMAN講座

2021/9/6
医療保険は必要かどうか、健保組合の制度をまず確認しよう(写真はイメージ=PIXTA)
医療保険は必要かどうか、健保組合の制度をまず確認しよう(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマン

Q. 病気や入院が心配…。やっぱり医療保険は必要?

A. まずは、「高額療養費制度」と、加入する健保組合の「付加給付制度」を確認して

トクニャン(以下、トク) お得情報好きなネコ、トクニャンだニャ。トクニャンの友達が最近、手術して入院したんだニャ。医療保険に入っていなくて心配していたんだけど、退院後に健康保険組合(健保組合)からお金が戻ってきたんだって! どういう仕組みなのか、ファイナンシャルプランナー(FP)の深田晶恵さんに、詳しく聞いてみるニャよ~。

イラスト おおの麻里

深田(以下、深) トクニャンが知りたいのは、健康保険の「高額療養費制度」ですね。1カ月の医療費は自己負担の上限額が決まっていて、それを超えた金額について、国民健康保険(国保)や加入している健保組合から払い戻しされるシステムです(*)。

*入院中の食事負担や差額ベッド代などは含まない

トク へえ~、1カ月の自己負担の上限額ってどれくらいニャ?

深 年齢や所得によって違いますが、年収370万円以下の場合、上限額は5万7600円。年収370万~770万円の場合は、「8万100円+(かかった医療費の総額-26万7000円)×1%」という式で計算します。例えば、手術・入院で100万円の医療費がかかったとしましょう。窓口で支払うのは、その3割の30万円。年収400万円の人のケースで計算すると、1カ月の自己負担上限額は8万7430円。30万円を窓口で支払えば、差額の約21万円が、後日戻ってくる仕組み。入院などがあらかじめ分かっているなら「限度額適用認定証」を準備しておくと便利。医療機関の窓口で支払う医療費が自己負担限度額までとなり、一時的な出費も抑えられますよ。

トク ふーん、入院したとしても、10万円くらい用意しておけば大丈夫そうなんだニャ。ちなみに友人は、「戻ってきたお金が想像していたよりも多かった」と言っていたんだけど……。

深 それは多分、「付加給付」だと思いますよ。

イラスト おおの麻里
次のページ
組合によっては独自の「付加給付」があることも