スマホなくしたら 「探す」機能とパソコンで場所特定忘れ物防止&紛失トラブル解決(下)

紛失トラブルを解決する技を解説する連載。最終回は紛失したスマートフォンを見つける方法を解説する。

◇    ◇    ◇

今の時代、スマホを紛失するのは致命的だ。日ごろから紛失に注意するとともに、万が一に備えすぐ発見できる手を講じておく必要がある。

紛失時に利用するのはスマホ本体の「探す」機能。これを使うと音を鳴らしたり、地図上に現在地を表示したりできる。さらに、ロックをかけていないスマホにパスワードを設定したり、スマホを初期化してデータの流出を防いだりすることも可能だ(図1)。

図1 スマホが標準搭載する「探す」機能では、主に上に挙げた4つの方法で今ある場所を知らせたり、勝手に使われないようにロックをかけたり、データを初期化したりできる

探す機能はiPhoneとAndroidのスマホ、どちらのOSにも標準搭載されている(図2)。正常に動作させるには、同機能をオンにすることはもちろん、スマホの電源が入っていることが必須条件。さらに全地球測位システム(GPS)の利用などの条件を満たしていれば、紛失後すぐに探すと、発見できる可能性が高い。

図2 探す機能は、iPhoneとAndroidのスマホ、どちらも標準で対応する。同機能を有効化することに加えて、いくつかの利用条件を満たせば紛失時に探し出せる

パソコンから現在地を確認

探す機能の利用手順を見ていこう。まずiPhoneの場合。ホーム画面から「設定」を開き、一番上に表示されるユーザー名をタップ。開くメニューで「探す」へ進むと、同機能を有効にできる(図3)。

図3 iPhoneの場合は、ホーム画面上の「設定」アイコンをタップ。左上の画面が開くので一番上にある「ユーザー名」から(1)~(4)の順にタップしていき、「探す」機能を有効にする

Androidも「設定」を開いてから、「Google」項目内の「デバイスを探す」を有効にする(図4)。アカウントにサインイン済みで、GPSの利用も有効にしている人が多いと思われるので、準備作業はこれだけだ。

図4 Androidのスマホは、メニューなどからOSの「設定」画面を開き、「Google」設定内にある「デバイスを探す」を有効にする(1)~(3)
MONO TRENDY連載記事一覧