遠隔地での紛失は「協力者」の存在が鍵

外出先など遠隔地で紛失した場合は、ほかの利用者の協力が鍵となる(図5)。同じ製品の利用者が紛失したデバイスの電波を検知すると、本来の所有者に通知するためだ。

図5 忘れ物防止タグがBluetoothの圏外にあっても探し出す仕組みがある。その際に鍵を握るのが同じ製品を使うほかの利用者。紛失したタグの電波を同じ製品の利用者(スマホ)が検知すると、所有者に通知が届き検知された場所がわかる(1)~(4)

そこで気になるのが同じ製品の利用者が近くに何人いるか。ちなみに「Tile(タイル)」シリーズで試したところ、東京都西東京市付近で4000人弱の利用者を確認できた(図6)。

図6 出先などでなくした忘れ物防止タグを見つけるには、より多くの利用者がいることが重要。人数は製品によってバラバラだが、定番製品の「Tile」では公式アプリ上で近くの利用者数を確認できる

協力者が多いのがAirTagだ。iPhoneなどの利用者のほぼ全員が協力者になり得るからだ。国内ではスマホユーザーの約半数がiPhoneといわれる。人々が行き交う街中なら発見される確率は高い(図7)。

図7 AirTagの利点がこれ。一般的な忘れ物防止タグは利用者同士で探し出すしかないが、AirTagは大勢いるiPhone利用者が協力者となる

ちなみに忘れ物防止タグの情報は、所有者側とそれを検知した協力者側、どちらも匿名化されるているので安心(図8)。互いに誰なのか知ることなく、検知情報だけが受け渡される仕組みだ。

図8 紛失時に所有者の個人情報、協力者の情報はどう扱われるのか。どちらも匿名化の技術により、互いに知らされることはない。例えば、AirTagの場合、所有者の情報は協力者に伝わらないし、誰が検知したか所有者にはわからない。ほかの製品でも、基本的に個人情報は守られている

このほか発見確率を高めるため、公共交通機関の遺失物センターなどに検知スポットを置くところもある。積極的なのは「MAMORIO(マモリオ)」シリーズで、前述したTileもタクシーなどを利用する(図9)。

図9 公共交通機関の遺失物センターや、都市内を移動するタクシーなどを忘れ物防止タグの検知スポットとして稼働させているのが、Tileと国内ベンチャーの「MAMORIO」シリーズだ。特に後者は、鉄道だけで700路線に導入済みという。AirTagはこういった検知スポットは導入していない

紛失スマホは「探す」機能で見つける

もう1つ、なくすと非常に困るのがスマホだ。スマホに忘れ物防止タグを取り付けるのは難しいので、別の方法で探す。

自宅でスマホをなくした場合には家族に電話をかけてもらえばよいが、厄介なのは外出先で紛失した場合だ。見つけるためには、あらかじめスマホの「探す」機能をオンに設定しておき、紛失時にパソコンからAppleやGoogleのアカウントでログインし、スマホの位置情報を確認する。

データ通信機能があるので、遠くにあっても音を鳴らしたり、全地球測位システム(GPS)などで現在地を所有者に知らせたりできる(図10)。もちろん、これらの機能を利用するには、スマホの電源が入っていることが大前提だ。

図10 スマホの場合は、電源さえ入っていればGPSや通信キャリアの基地局、Wi-Fiなどで現在地を特定する。さらに通信できる状態なら各OSの専用クラウドへ位置情報が送られるため、パソコンなどで現在地を調べられる
次のページ
(1)アップル「AirTag」
MONO TRENDY連載記事一覧