Windows 10の日本語入力 カスタマイズで素早く快適にWindows 10 使いこなしてスキルアップ(6)

「Windows 10(ウィンドウズ10)」を使いこなしてスキルアップする技を紹介する連載。最終回となる第6回は、日本語入力をカスタマイズで素早く快適にする技を紹介しよう。

◇   ◇   ◇

ウィンドウズ10には、日本語入力機能として「Microsoft IME」(以下、MS-IME)が標準搭載されているが、2020年春の機能更新「メイ2020アップデート」で大幅にバージョンアップされた。

それまでのバージョンでは、アプリの切り替え時に画面中央に目障りな入力モードを表示していたが、新バージョンでは廃止。さらにIMEのオン/オフに関連するキーカスタマイズを簡単にできるようにした。

今回はこれらの変更点に加え、日本語入力にまつわる各種の機能、文字入力に欠かせない「コピペ(コピー・アンド・ペースト)」を便利にする機能を解説する。

2つのイライラが「無効」に

以前のMS-IMEでは、アプリのウインドウ切り替え時、画面中央に大きく「A」や「あ」とMS-IMEの入力モードが表示され、煩わしかった。また、キーの誤操作で「ローマ字入力」と「かな入力」を切り替える確認メッセージが表示されて作業が中断されることがあった。これらはいずれも、現在のMS-IMEでは表示されなくなっている(図1)。

図1 最新のIMEでは、アプリの切り替え時に画面中央に入力モードを表示する機能を廃止した(1)。ローマ字入力とかな入力をキー操作で切り替える機能も無効化(2)。イライラ感を軽減した

画面中央の入力モード表示は廃止され、ローマ字入力とかな入力の切り替えは、標準で画面右下の「あ/A」ボタン(入力インジケーター)で表示するメニューだけで行う方式になった(図2)。キー操作で切り替えたければ、設定画面で変更できる(図3図4)。なお、すべての設定はウィンドウズ10の設定画面で行うようになっている。

図2 ローマ字入力とかな入力の切り替えは、入力インジケーターを右クリックして表示されるメニューから可能(1)(2)。IMEの設定もこのメニューから開く(3)
図3 ウィンドウズの「設定」内にあるIMEの設定画面。図2のメニューからなら簡単に開く。「かな入力」関連の設定は「全般」を開く
図4 「入力設定」(1)の部分で、キーボードをかな配列で使う場合は(2)をオンに、「Alt」+「カタカナひらがな」キーで入力を切り替える場合は(3)をオンにする

簡単になった2つのカスタマイズ

また、現在のMS-IMEでは、ツールバーの表示や(図5)、スペースキーの両隣にある「無変換」と「変換」に「IME-オフ」、「IME-オン」などを割り当てるカスタマイズが簡単にできる(図6)。

図5 入力インジケーターを右クリックして表示されるメニューで「IMEツールバーの表示/非表示」を選ぶだけで(1)(2)、ツールバーが表示される(3)。5つのボタンの機能は右下の図の通りだ
図6 IMEの設定画面を開き、「キーとタッチのカスタマイズ」を選択(1)。表示された画面で設定を行う(2)。「キーテンプレート」は「Microsoft IME」か「ATOK」を選択可能(3)。キーの割り当てをオンにし(4)、無変換キーに「IME-オフ」(5)、変換キーに「IME-オン」を割り当てると(6)、現在のIMEの状態にかかわらず、常に決まったキーでIMEをオン/オフできる。最新のSurface Laptop(サーフェスラップトップ)やMacと同様の操作が可能になる

このように、現在のMS-IMEは全体的に見て使い勝手が向上しているが、互換性維持のため以前のバージョンに戻すことも可能だ(図7)。

図7 IME設定の「全般」画面下方にある「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオンにする(1)。「IMEを既定の設定に戻す」ではない(2)
次のページ
効率的な文字入力を助ける各種の機能
MONO TRENDY連載記事一覧