ソニーのワイヤレスイヤホン 周辺ノイズさらに削減

ソニーの「WF-1000XM4」は、ノイズ低減機能に優れたワイヤレスイヤホン。売れ筋だった従来機種からノイズ低減機能をさらに強化し、防水機能を加えて小型化した。

ハイレゾ音源をBluetooth経由で伝送できる音声圧縮技術「LDAC」を採用。対応したスマートフォンや音楽プレーヤーなどと併用するとハイレゾ音源を再生できる。非対応の機種でもハイレゾ相当の音質まで向上できるという。イヤホンの音質はかなり良好で、強力なノイズ低減機能で作り出した無音に近い環境の中、高音や低音を響かせながら癖のない澄んだ音が鳴る。騒がしい場所でも心地よく音楽鑑賞できる(図1)。

図1 ソニーの「WF-1000XM4」はハイレゾ対応のワイヤレスBluetoothイヤホン。業界最高のノイズ低減機能をうたう。写真の「ブラック」のほかに「プラチナシルバー」もある
WF-1000XM4(ソニー)
実売価格 3万3000円前後
●型式:密閉、ダイナミック●ドライバーユニット:6ミリ●重さ:7.3グラム(イヤホン、片側)●連続音声再生時間:8時間(ノイズ低減機能有効時)●充電時間:約1.5時間●通信方式:Bluetooth 5.2●最大通信距離:10メートル●対応Bluetoothプロトコル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP●対応コーデック:SBC、AAC、LDAC

独立タイプとしてはかなり小型

本体は小型で軽く、耳につけっぱなしにしても邪魔にならない(図2図3)。

図2 幅26×奥行き29×高さ21ミリとかなり小型(実測値)。側面のタッチボタンで操作や機能の切り替えが可能
図3 本体が小型なので耳の風門にすっぽりと入る。本体が耳からあまり飛び出さず、装着しても目立ちにくい。片側で7.3グラムしかないのであまり重さを感じない

充電器を兼ねたケースも小型軽量で持ち運びしやすい。イヤホンは1回の充電で最大8時間再生できるので、日中の利用なら充電はほぼ必要ない。ケースで2回分の充電も可能で、最大24時間の動作をうたう。1日1時間程度の利用なら、2週間以上もケースを充電しなくて済む(図4)。

図4 イヤホン充電器は幅66×奥行き29×高さ39ミリとかなり小型。重さはイヤホンを収納した状態で54グラムしかない(ともに実測値)。ズボンのポケットに入れても邪魔にならない大きさだ

ワイヤレス充電にも対応しているので、手軽に充電できるのもよい(図5)。

図5 充電器は付属のUSB Type-Cケーブルか、Qiのワイヤレスで充電できる。5分の充電で1時間利用できる急速充電機能も備える

ハンズフリーの通話機能も充実している。指向性のマイクだけでなく骨伝導センサーも備えており、声のみを正確に拾う。音声に周囲の雑音はほとんど入っていなかった(図6)。

図6 マイクは強い指向性を持ち口元の音をしっかり拾う。周囲の雑音や他人の話し声はほとんど入らないと感じた。骨伝導センサーを備え、骨に伝わる音も捉えているという
次のページ
密閉性の高いイヤーチップが付属
MONO TRENDY連載記事一覧