乃木坂46山下美月 2作品同時出演で役者として成長

日経エンタテインメント!

TBS火曜22時の“火曜ドラマ”枠で、今年4~6月に放送された『着飾る恋には理由があって』。川口春奈演じる主人公・真柴くるみが働くインテリアメーカーの広報部の後輩である茅野七海と秋葉亮にスポットを当て、Paravi向けに制作されたオリジナルストーリーが『着飾らない恋には理由があって』だ。茅野役を演じたのは乃木坂46の山下美月。入社4年目の会社員という役柄は、17歳でグループに加入した山下にとっては未知の領域だった。

1999年7月26日生まれ。東京都出身。2016年に3期生として乃木坂46に加入。18年に『日日是好日』で映画初出演。19年に『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』でドラマ初主演(萩原利久とダブル主演)。グループとしては2年ぶりとなる「真夏の全国ツアー2021」を実施中(写真:佐賀章広)

「まず茅野七海という役を固めるに当たり、オフィスになじむOLさんになりきることを意識しました。いかに浮かずに作品に溶け込めるかを考えましたね。

アイドルって、どれだけ自分を良く見せるかとか、まさに“着飾る”のが仕事の1つなんですよね。5年間の積み重ねで、自然にしぐさとかがかわいくなってしまうみたいで。塚原(あゆ子)監督にも『今の自分のクセをちゃんと抜こうね』とアドバイスをいただいて。YouTubeとかでOLさんのルーティーン動画なども見て、社会人の大変さみたいなことも研究して。そうしたベースを作りつつ、本編では真柴さんに憧れるかわいい後輩の要素を加えていきました。

『着飾らない恋には理由があって』では、秋葉亮(高橋文哉)君との先輩後輩関係が軸なので、逆にしっかりした先輩感を意識しました。こちらには(亮と急接近する前からの)茅野の彼氏も登場するので、彼にしか見せない笑顔とか、後輩にふと気を許したときの自然な表情とか、本編とは違った見せ方を考えながら演じるのが楽しかったです。

ただ私も高橋さんも、ラブストーリーに初めて挑戦したので、ハグのシーンとかがぎこちないんです。初々しい感じがよいのかもしれないけど、本番前に2人で何回も話し合いましたね。ハグの打ち合わせをたくさんしました(笑)。

2つの作品の温度感をつなげるために、茅野と秋葉がその時点でどんな状態か、時系列にはすごく気を付けました。そのときの関係性によって、本編の撮影のときに立ち位置とか距離感を調整したり。撮影は、本編の間に撮ることもあれば、1日の終わりにまとめてということも。切り替えが大変だと思うこともありましたね」

はっきり見えた芝居への道

新井順子プロデューサーが「撮影の最後はあの2人だけになることも多かった」と話す通り、負担は小さくなかったに違いない。ただ、物語の世界観を支える役割と、ラブストーリーの主演の両方を一度に経験できたことは、山下にとって大きな自信となったようだ。

ターニングポイントとなる作品になりましたね。実は撮影前は、『この作品で自分自身に絶望してしまうかもしれない』って思いがどこかにあったんです。火曜ドラマ枠で、スタッフさんも共演者さんもすごい方ばかりで、自分の未熟さを思い知らされて『二度と芝居なんてできない』みたいな気持ちになってしまわないかと……。

実際、すべてが学びでした。初めてのプライム帯のドラマで、スピード感などに驚くことばかり。川口さんをはじめ、いろんな方のお芝居を間近で見られて、ものすごく刺激になりました」

次のページ
ネット層を意識した配役
エンタメ!連載記事一覧