日経Gooday

答えと解説

正解(急性大動脈解離の説明として間違っている記述)は、(3)急性大動脈解離で突然死した人のうち、2~3割が病院到着前に亡くなっている です。急性大動脈解離で突然死した人のうち、実に6割もの人が病院到着前に亡くなっています。

大動脈は、心臓から全身に送り出される血液が最初に通る血管で、直径2~3cmと全身の血管のなかで最も太いものです。大動脈は他の動脈と同様、内膜、中膜、外膜の3層構造を作っています。何らかのきっかけで内膜が裂け、中膜に血流が入り込み、大動脈の壁が次々とはがれていくのが急性大動脈解離です。

大動脈解離の仕組み

大動脈の壁の3層のうち、内膜が裂け、中膜に血流が入り込むのが急性大動脈解離。背景には高血圧があると考えられている。

東京慈恵会医科大学病院 血管外科教授・診療部長の大木隆生さんは、「急性大動脈解離は、健康な人でも何の予兆もなく発症する可能性のある病気。患者の7割で高血圧があることから、予防対策としては、過度に負荷のかからない生活をしつつ、血圧管理をしっかりすることです」と解説します。特に冬の時期は、急激な気温変化、緊張やストレス、そして運動など血圧上昇リスクなどが重なることで、患者数が増える傾向にあります。

急性大動脈解離は、多くの場合、胸背部の激しい痛みが襲います。救命救急室で患者に「過去にこれ以上、強い痛みを感じたことがありますか?」と尋ねて、「ありません」という答えが返ってきたら、まずは心筋梗塞とともに急性大動脈解離を疑うそうです。

ただ、なかにはそのような症状を起こさない場合もあります。肩こりや首の痛み程度で、病院を受診しないまま経過することもあり、その場合はやがて慢性大動脈解離という病態に移行します。慢性大動脈解離では、3~5年という時間をかけて解離性大動脈瘤を作ることがあり、その直径が5.5cmを超えると、大動脈瘤破裂のリスクが高まります。

大動脈解離で突然死した人のうち、6割ほどが病院到着前

大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2011年改訂)によると、大動脈解離で突然死した人のうち、6割ほどが病院到着前に亡くなっています。大木さんは「症状が背中や腰痛中心の場合、小規模のクリニックを受診しレントゲン検査を受け、特に問題ないと告げられ帰宅した後で、症状が急変することもあるので注意が必要です」と説明します。

急性大動脈解離は健康な人でも起こりえる病気ですが、発症リスクは年齢とともに高まります。統計上、最も発症リスクが高いのは男女とも60代~70代とされていますが、原因の特定されていない突然死のなかには、急性大動脈解離が関わっている場合が少なくなく、実数は考えられているより多い可能性もあります。

また、40代や50代で発症することもまれではなく、「血圧高め」と言われている人は、日ごろから血圧管理に気をつけましょう。

(図版制作 増田真一)

この記事は、「一刻を争う急性大動脈解離、突然死した6割が病院到着前に死亡」https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/18/031200009/120600024/(荒川直樹=科学ライター)を基に作成しました。

[日経Gooday2021年7月20日付記事を再構成]

「日経Gooday 30+」の記事一覧はこちら

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。