LiSAが2年連続急上昇

前年調査分からの「急上昇」で見ると、2年連続で1位がLiSA、2位があいみょんとなった。LiSAはテレビアニメ『鬼滅の刃』主題歌となった『紅蓮華』が100万ダウンロード、ストリーミングが2億回をいずれも突破し、同アニメの劇場版主題歌『炎』がCD、ダウンロード、ストリーミングの3部門で同時期に1位になるという全方位のヒットに。日本レコード大賞の受賞と、一昨年度を上回る大活躍ぶりで、総合で100位圏外から29位に入った。

スコアは少数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めて付けた

急上昇3位には、4人組バンドのDISH//がランクイン。13年のメジャーデビュー以降、アイドル的な人気を保ってきたが、20年に一発録りで話題のYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にて『猫』を歌唱し、大きな反響を呼んだ。北村匠海の俳優としての人気が先行していたが、この1年間はDISH//としてもメディア露出が大幅に増えている。

また、オールタイムベストやカバーアルバムを出し、紅白歌合戦に初出場となったJUJUも急上昇4位となった。

さらに、8位にSixTONES、10位にSexy Zone、11位になにわ男子、12位にKing & Prince、14位にジャニーズWEST、18位にHey!Say!JUMPと、若手を中心としたジャニーズ勢が大躍進。感染拡大防止を目的とした長期的な支援活動「Smile Up! Project」の影響も大きいだろう。

(ライター 臼井孝)

[日経エンタテインメント! 2021年7月号の記事を再構成]

エンタメ!連載記事一覧