通知が煩わしいときは「集中モード」で

パソコンでの作業中、画面右下にときどき表示される「通知」が邪魔に感じることがあるかもしれない。そんなときには、「集中モード」を有効にすると一時的に表示を抑制できる(図12図13)。タイルを選択するたびに、「重要な通知のみ」→「アラームのみ」→「オフ」が順番に切り替わる。

図12 タスクバーのボタンをクリックして「アクションセンター」を表示し(1)、下部の「集中モード」をクリックして機能を有効化する(2)。タイルや、タスクバーのボタンが変化する(3)(4)
図13 アクションセンター下段のタイルが1段しか表示されていない場合は、その左上にある「展開」をクリックすると全体表示になる

アプリごとに通知表示を制御することもできる(図14図16)。通知画面から、「設定」画面を呼び出すのが手っ取り早いだろう。

図14 表示された通知の右上に出る「…」をクリックすると(1)、カスタマイズ用のメニューが出る(2)。アクションセンターで表示される通知の歯車ボタンでも同じ操作ができるほか(3)、通知全体の設定画面も呼び出せる(4)
図15 「設定」画面→「システム」→「通知とアクション」を開く(1)。「通知」の上部にあるスイッチで通知をオフにできるほか(2)、下部の項目で細かいカスタマイズができる(3)
図16 図15の設定画面を下にスクロールすると、送信元(アプリ)ごとの設定が可能。スイッチでアプリごとの通知をオフにできるほか(1)、アプリをクリックすれば(2)、より詳細な設定画面が開く(3)

なお、クイックアクションの「集中モード」の位置が選びにくく感じる場合は、並びをカスタマイズすることも検討しよう(図17)。

図17 「設定」画面→「システム」→「通知とアクション」を開き(1)、「クイックアクションの編集」をクリックするか(2)、アクションセンターのタイルの外側部分を右クリック→「編集」で(3)(4)、編集モードになる(5)。ドラッグで並べ替え、各タイルの「ピン」をクリックして削除(6)。項目の追加もでき(7)、設定が終わったら「完了」をクリックする(8)

(ライター 斎藤幾郎)

[日経PC21 2021年9月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧