ツノがかわいい「ツノクロノ」 シチズンが復刻モデル

2021/8/13
上に突き出たボタンが「ツノ」のように見える

シチズン時計は1973年に登場したシチズン初の本格クロノグラフ機能付き腕時計「クロノグラフ チャレンジタイマー」を復刻、10月から発売する。




チャレンジタイマーはケース上部に配されたプッシュボタンがツノのように見えることから「ツノクロノ」の愛称で親しまれたアイコニックなモデルだ。そのデザインを踏襲した「TSUNO CHRONO」を「シチズンコレクション レコードレーベル」から売り出す。このほど先行予約を開始した。

1973年に登場した「クロノグラフ チャレンジタイマー」
スタンダードモデルはレトロ調。ステンレススチールケースで5気圧防水。2万6400円
デザイン違いのスタンダードモデル。機能・価格は同じ

腕時計では70年~80年代の復刻モデルがブームとなっており、ブランド各社は往年の名品を復刻する動きが盛ん。ツノクロノも見た目のかわいさとレトロ調デザインが若い世代にも人気を集めそうだ。

ロサンゼルスの皮革ブランド「レッドモンキー」のコラボモデル。ハンドメイドの牛革バンドを使用 3万9600円

「TSUNO CHRONO」ではスタンダードモデルのほかに、セレクトショップや専門店とコラボした「BEAMS」「BEAUTY&YOUTH」「JOURNAL STANDARD」「オンタイム・ムーヴ」「レッドモンキー」の限定モデルを多彩にそろえる。

スタンダードモデルは2種あり、73年のデザインを踏襲した。オリジナルモデルのデザインを再現し、レトロな印象。ケースサイズは38ミリメートル。

1973 年当時のグリーン文字盤再現した「オンタイム・ムーヴ」コラボモデル 2万8600円
「BEAMS」とのコラボモデル、シルバーカラー 2万6400円
「BEAMS」とのコラボモデル、ゴールドカラー 2万8600円

「BEAMS」モデルはシンプルなシルバーカラーとインパクトのあるゴールドカラーを採用した。


SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram