Windows 10タスクバー 設定・操作はここがポイントWindows10 使いこなしてスキルアップ(3)

「Windows 10(ウィンドウズ10)」を使いこなしてスキルアップする技を紹介する連載の3回目。今回は画面下部の「タスクバー」と、その左端のボタンで開く「スタートメニュー」をより快適に使うための設定や操作の勘所を解説する。

◇   ◇   ◇

タスクバーとスタートメニューは、ウィンドウズ10の重要な基本機能だ。うまく使いこなせば、作業の開始やアプリの切り替え、情報の確認などを素早く快適に行える。

タスクバーには必要なアイコンだけを並べる

ウィンドウズ10の「タスクバー」には、「スタート」ボタンの隣に特殊な機能を呼び出すボタン類が3つ表示されている(図1)。パソコン内のファイルやウェブの検索をするための入力欄である「検索ボックス」、アシスタント機能「コルタナ」の呼び出しボタン、ウインドウの切り替えなどを行う「タスクビュー」の呼び出しボタンだ。

図1 タスクバーの左側、「スタート」ボタンの隣に並ぶ「検索ボックス」(1)、「コルタナ」(2)、「タスクビューボタン」(3)の3つは、不要なものを消すことでタスクバーの空きスペースを広げることができる

しかし、これらは役立つ場面が少ない。不要なものはタスクバーから取り除ける(図2)。「検索ボックス」をボタン表示にするだけで、タスクバーの空きスペースが大きく広がる(図3)。

図2 3つのボタンか、タスクバーの余白部分を右クリックしてメニューを開き(1)、「検索ボックス」の表示はサブメニューで設定(2)。ほかの2種は「…表示(する)」のチェックを外す(3)。これで表示がスッキリする
図3 図2(2)で「検索アイコンを表示」を選んだ場合、「検索ボックス」がボタンのみの表示になる。検索する際は、ボタンをクリックすると上部に検索ボックスが表示される。この設定だけでも、タスクバーの空きスペースがかなり広がる

通知領域のアイコンを整理

タスクバー右側の通知領域には、「電源」「ネットワーク」「音量」など、ウィンドウズの動作状況を示す「システムアイコン」が並ぶ。その左の「∧」ボタンをクリックすると、常駐アプリやドライバーなど隠れていたアイコンが表示される(図4)。

図4 タスクバー右側の「通知領域」には、常駐アプリなどのアイコンが隠れており、「∧」をクリックすると上部に並んで表示される。設定を変更することで、必要なアイコンを常時表示させることが可能だ

これらのアイコンは、設定画面で表示のオン/オフを切り替えることが可能(図5図6)。システムアイコンは、「時計」(日時表示)や「入力インジケーター」(文字入力モードの表示)、「アクションセンター」などを含めて非表示にできる(図7)。

図5 「タスクバー」の設定画面を開き、「通知領域」の部分にある項目を選ぶ。アイコンを隠すかどうかの設定は(1)、システムアイコン専用の表示設定は(2)を選ぶ
図6 最上段のスイッチを「オン」にすると(1)、すべてのアイコンが隠れず表示される。通常は、出しておきたいアプリを選んでオン/オフを切り替えよう(2)。「音量」などのシステムアイコンを隠すこともできる(3)
図7 「システムアイコンのオン/オフの切り替え」画面では、システムアイコンを隠すのではなく、消してしまう設定ができる(1)。「時計」(日時)だけ表示するといった極端な設定も可能だ(2)
次のページ
「ピン留め」でアプリを即起動
MONO TRENDY連載記事一覧