社歌に初挑戦 セリフの喉から歌の喉へ(井上芳雄)第98回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。今回は喉の話をしましょう。セリフをしゃべるときと歌を歌うときでは喉の使い方が違います。7月は福岡の正興電機製作所という企業の社歌をレコーディングしたり、音楽番組に出演したりと、歌手としての活動が増えました。その前は『首切り王子と愚かな女』の公演でずっとセリフだけのお芝居をしていたので、歌手の喉に変えていくのが結構大変で、準備やケアが必要でした。俳優と歌手のどちらもやっているミュージカル俳優ならではの、知られざる苦労です。

正興電機製作所の新社歌『SEIKO PRIDE(セイコウプライド)』のレコーディングに臨んだ井上芳雄

まずは社歌の話から。最近はテレビのバラエティー番組やラジオ番組で社歌が特集されたり、全国の社歌コンテストがあったりと、社歌が注目を浴びているそうです。だからというわけでもないでしょうが、正興電機製作所という、福岡に本社がある企業が新しい社歌をつくるにあたって、歌手として声をかけていただきました。電力、公共向けインフラ設備の制御装置、システム、サービスを手がける企業で、今年創立100周年を迎えるそうです。僕は福岡が地元なので、そのご縁なのかなと思います。

曲のタイトルは『SEIKO PRIDE(セイコウプライド)』。社名を連呼するCMソングみたいな感じなのかと思っていたら、社名は1回しか出てきません。誰が聴いても楽しめる曲調で、未来に希望をつなぐような歌詞です。よく聴くと、「地域をつなぐ」といった普通の歌ではあまり出てこない詞も入っています。僕が考えていた社歌のイメージとは違って、今の社歌はこんな感じなのかと驚きました。

社歌を歌うのは初めてなので、どう歌ったらいいか考えたのですが、僕の個性や解釈を前面に出すのは違うと思い、曲調と同じように、たくさんの人に受け入れられやすい歌い方や歌声を意識しました。社歌として聴きやすいといいなと。不思議なもので、社歌を歌っていると社員の一員になったような気分になります。今はコロナ禍なので会社にうかがったりできませんが、いつか社員の皆さんの前で歌う日が来るのかなとも。そんな、あまり味わったことのないような気持ちにもなりました。

社歌のレコーディングは『首切り王子と愚かな女』の地方公演が全部終わってから1週間後でした。お芝居はずっとセリフだけだったので、歌う喉ではなくなります。6月の東京公演で完全にセリフの喉になり、地方公演はそこまで回数は多くなかったのですが、1公演でもやると、またセリフの喉に戻る感じはあるので、そのなかで少しずつ、歌える喉に変えていくのは結構難しいこと。社歌のレコーディングまでに歌の喉に戻さないといけなかったので、その準備やケアにも気を遣いました。

次のページ
イディナ・メンゼルの言葉に勇気づけられ
エンタメ!連載記事一覧