外でも家でもリラックス のどかにくつろいでチルアウト気分に

英国調チェック柄スカートで品格も添えて Max Mara 2021年秋冬コレクション

穏やかな日常のありがたみを、あらためて感じる人が増え、装いにものどかさや安心感が望まれるようになってきました。「Max Mara(マックスマーラ)」はフーディー(パーカ)やロングジレ(ベスト)の上からフード付きストールを重ねるレイヤード(重ね着)を構築。縦長イメージを押し出しました。異なる風合いのウエアを重ね合わせて、見るからに暖かそうな、ほっこりムードに導いています。ソックスとブーツで足元もしっかり。人気のブラウン系カラーでまとめた「トーン・オン・トーン」の着こなしが参考になります。

イタリアと英国のムードを響き合わせたミックススタイル Max Mara 2021年秋冬コレクション

21-22年秋冬の主役素材はニットです。安心感やぬくもりを求める気持ちが強まり、やさしげな風合いのニットが見直されました。体を締め付けないリラックス感も、緊張から解き放たれたいという今の意識となじみます。編み地のうねが印象的なケーブル編みのざっくりニット・プルオーバーは、素肌越しに安らかな気持ちへ導いてもらえそう。指先まで隠すロング袖ものどかな風情。ほんのり透けるシアー感を帯びたチェック柄スカートを引き合わせて、異素材のコントラストを際立たせました。こうした異素材ミックスは秋冬ルックを重たく見せない妙手です。

(画像協力)
マックスマーラ
www.maxmara.com

過去を懐かしむレトロと前に進むフューチャーが同居

グリーン×ラベンダーの配色でポジティブに Salvatore Ferragamo 2021-22年秋冬コレクション

歴史的な出来事となったコロナ禍は、過去と未来の両方に目を向けるきっかけにもなりました。「Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)」が提案したパンツルックは、どこか懐かしいパンタロンにも似たシルエット。ニットカーディガンもレトロな風合いのシャギー素材で仕立てています。一方、首に巻いたネオンカラーのチョーカーとメタリックグリーンのミニバッグは未来的なムード。「ノスタルジック×フューチャリスティック(未来的)」という時代感ハイブリッドの趣を生み出しています。

白シューズでクリーンな印象をプラス Salvatore Ferragamo 2021-22年秋冬コレクション

テクノロジーやSF、宇宙などのイメージを身近に感じられるようになったのも、最近の傾向です。このような意識を背景に、つやめき素材や金属パーツ、機能的フォルムなどがモードな装いにも持ち込まれています。ほんのりつやめいたピンクのロングコートとブルゾンの前ファスナー。ピンクのトーンを濃くしたパンツでボトムスを引き締めて。「ロング×ロング」のバランスが縦長感を強めました。平安でのどかだった昔を懐かしむ一方で、テクノロジーが呼び込む未来への希望を感じるという、相反する時代感覚は、ファッションにも拡張しています。

(画像協力)
サルヴァトーレ フェラガモ
https://www.ferragamo.com/
次のページ
強さとあでやかさを交差 80年代ムードをしなやかにリ