『全裸監督2』山田孝之 いいもの作ろうと全員が1つに

日経エンタテインメント!

動画配信サービスから生まれた大ヒットとなった『全裸監督』。2019年の第1作に続き、完結編とも言える続編『全裸監督2』が配信中だ。アダルトビデオ界の革命児・村西とおるを演じた山田孝之、村西のエロスにほれ込んだ川田研二役の玉山鉄二、村西の元相棒・荒井トシを演じた満島真之介に作品の魅力、シーズン2の見どころ、そしてそれぞれの動画配信の楽しみ方を聞いた。

(左から)山田孝之:1983年生まれ、鹿児島県出身。99年に俳優デビュー。近作に『新解釈・三國志』(20)、『はるヲうるひと』(21)。また、映画のプロデューサー業に進出、21年には長編映画初監督作品『ゾッキ』が公開された。 玉山鉄二:1980年生まれ、京都府出身。99年に俳優デビュー。ドラマ「離婚弁護士」シリーズ、「BOSS」シリーズ。NHK連続テレビ小説『マッサン』で主演を務める。映画『手紙』(06)などで山田孝之と共演。 満島真之介:1989年生まれ、沖縄県出身。10年に俳優デビュー。NHK大河ドラマ『青天を衝け』、映画『キングダム』(19)、『ゾッキ』(21)など多数。NHK Eテレ『テレビでハングル講座』の生徒役として出演中。

コロナ禍で急伸する動画配信業界の中にあって、独自のセレクション、ラインアップに注力し、オリジナルコンテンツを次々と製作しているNetflix。今ではNetflix配給の映画がアカデミー賞ほか世界各国の映画祭でノミネートされ、ドラマもエミー賞の常連に。世界のエンタテインメント界に大きな影響を与える存在となり、2020年末には全世界で会員数が2億人を突破している。

日本でのサービス開始は15年だったが、その知名度を大きく広げるきっかけになったのが、『全裸監督』だろう。昭和から平成のバブル期に活躍したアダルトビデオ界の革命児・村西とおるの半生をドラマ化。1話あたりに破格の制作費をかけ、時代を見事に再現したセット、主演・山田孝之をはじめとするキャスト陣の渾身の演技が話題を集め、19年8月に全世界に配信されるや一大旋風を巻き起こす。日本国内のNetflix会員数300万人突破に大きく貢献することになった。

――シーズン1は19年、Netflixの日本国内視聴者数1位を記録するヒットになり、社会現象を巻き起こしましたね。

山田 現場の人間は、誰もこんな騒ぎになるなんて思っていなかったと思いますよ。題材的には97%の人には相当イヤなものだと受け取られて、3%ぐらいの人に刺さる作品になるんじゃないかと思っていた。そしたら、90%以上の人に面白がってもらえた(笑)。

満島 これには驚きました。

次のページ
日本の作品が海外でどう映るのか
エンタメ!連載記事一覧