なお、肥満かどうかは、身長と体重の比率を見たBMIで判定。日本肥満学会では、この数字が25以上になると「肥満」と定義しています。

BMIの数値が高くて、体が全体的に太っているのは良くないと考える人は多いでしょう。しかし野口さんは、「もちろん、過体重だと関節を痛めやすいし、大腸がんや乳がんのリスクも高くなります。こうした健康障害を伴う肥満は『肥満症』と定義され、放置することは決して良くはありませんが、一番注意が必要なのは『内臓脂肪がたまっている状態』です」と言います。  

「例えば、BMIが25未満でも、内臓脂肪がたまっていることがあります。いわゆる『隠れ肥満』というもので、一見肥満ではないけれどおなかだけ出ている、こういう人が『危ない肥満』です」(野口さん)

実際、BMIと内臓脂肪面積の関係を表したある自治体のデータを見ると、BMI25未満でも内臓脂肪面積が100平方センチ以上ある人は、BMI25以上で内臓脂肪面積100平方センチ未満の人より、高血圧、高血糖、脂質異常などのリスクファクターの数が多い傾向があることが分かります。

肥満でなくても内臓脂肪が多い人は要注意

2004年と2005年の両方で健康診断を受けたA市の職員(日本人男性)2336人のデータを分析。血糖、脂質、血圧の異常の平均数は、BMI25未満で内臓脂肪100平方センチ以上の群の方が、BMI25以上で内臓脂肪面積100平方センチ未満の群より有意に高かった。出典:Diabetes Care, 2007 Sep; 30(9): 2392-2394.

つまり、問題は「内臓脂肪が一定以上蓄積しているかどうか」ということ。「BMIや体重だけで判断するのではなく、『脂肪がどこにどれだけついているか』を見るのが、単なる肥満と危険な肥満を判断する際のポイントと言えるでしょう」(野口さん)

内臓脂肪の蓄積を見る場合も、「男性で腹囲85cm、女性で90cm以上」という数値は、あくまでも目安です。仮に腹囲が男性で85cm未満、女性で90cm未満でも「若い頃よりもおへそ周りが太くなっている」場合は注意しなければいけません。

幸いなことに、内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすいという特徴があります。本気でダイエットをすれば短期間で効果が出やすいし、そうなれば血糖や血圧の値も改善します。積極的にウオーキングなどの有酸素運動を行って、内臓脂肪を落とすことを心がけましょう。

この記事は、「『単なる肥満』と『危ない肥満』の違いは? BMIだけで判断するのはもう古い」https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/20/120400009/020500002/(まとめ:伊藤和弘=ライター)を基に作成しました。

[日経Gooday2021年7月12日付記事を再構成]

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント