児童書『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』350万部ヒットの理由

廣嶋玲子『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』シリーズ(偕成社)。各巻990円(税込み)、現在15巻まで発売中
日経クロストレンド

児童書ジャンルから、累計350万部超えの大ヒットシリーズが誕生している。『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』(偕成社)だ。廣嶋玲子氏による、主に小学校中学年以上の子供を対象とする児童書で、2021年4月に出た最新刊(第15巻)は初版15万部。通常は、初版5000部ほどの児童書にあって桁違いの数字だ。

タイトルになっている「銭天堂」は、選ばれた人の前にだけ姿を現す、神出鬼没の奇妙な駄菓子屋。赤紫の着物を着た妖しげな店主・紅子が、訪れた客の悩みや願いをかなえる、不思議な力を持った駄菓子を薦める。客がそれを手にすることで、物語が展開する1話完結の短編連作だ。各巻に6~7話が収録されている。

21年4月発売の最新刊、15巻の初版は異例の15万部

作者の廣嶋氏は、ジュニア冒険小説大賞を受賞した『水妖の森』(岩崎書店)で06年に本格的に作家デビュー。『もののけ屋』シリーズ(静山社)や『妖怪の子預かります』シリーズ(東京創元社)など、多くのファンタジー小説が人気シリーズになっているが、今まで手掛けてきた作品の中でも『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』は突出したヒットだ。

作品誕生のきっかけは、廣嶋氏が、本作の表紙絵や挿絵も手掛けるイラストレーターのjyajya(ジャジャ)氏による「猫蛙町」というイラストシリーズを見たことだった。その中で描かれた、横丁の絵にインスピレーションを得たという。「たばこ屋や薬屋のレトロな感じに心惹かれて、ちょっとした階段や曲がり角の風景にも、何だか不思議なものを感じました。こんな昭和レトロな横丁に、もし不思議な駄菓子屋があったら? 店主は『ござんす』口調でしゃべる巨体のおばさんがいい、名前は紅子、とインスピレーションが湧き、連鎖的に発想が降りてきたんです」(廣嶋氏)

13年に偕成社から第1巻が刊行され、以来ほぼ年に2冊ずつ巻を重ねている。廣嶋氏によれば、児童書シリーズでは巻を重ねていくスピードは重要だ。「読者が面白いと思っても、関心があるうちに次の巻、次の巻と続けて出せないと、成長期の子供はどんどん興味の対象が移り、作品から離れていってしまう」(廣嶋氏)

偕成社で担当編集者を務める早坂寛氏がヒットの手応えを感じたのは、おおよそ3巻まで刊行が進んだあたりだった。「当初は普通の児童書と変わらない動きだったが、子供たちの間で口コミが広がって、愛読者カードに占める『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の割合が増えていき、定期的に重版がかかるようになった」(早坂氏)

当初は口コミ人気の静かなヒットだったが、一挙に認知度が高まったのは、第1巻発行から5年後、「小学生がえらぶ! “こどもの本”総選挙」(ポプラ社の創立70周年事業として始まり、現在はNPO法人こどもの本総選挙事務局が運営)がきっかけだ。シリーズは当時既に8巻目まで刊行されていた。18年5月に発表された第1回(応募総数12万8055票)で9位となりベストテン入り。認知度が上がったことで、第2回(20年5月発表、応募総数25万3399票)では、4位にランクインした。

ストーリーの特徴は、シリーズ各話に登場する不思議な駄菓子が、使い方次第で客を幸にも不幸にも導く点だ。客が欲や邪悪な思いに流されて、説明書きにある忠告を無視したり間違った使い方をしたりすれば、手痛いしっぺ返しに遭う。先の読めないハラハラ感と、時に人間の欲望の恐ろしさも描く毒っ気のある展開で、読み手を引き込む。しかし、人気の秘密はそれだけではない。

次のページ
「不思議な駄菓子」の発想法は2パターン
MONO TRENDY連載記事一覧