2021/8/9
Column やってみた!
いつものジーンズは「クリース入れ」でアップデートできる
ちょっとマンネリに感じた、いつものデニムの印象を変える!? アイロンで「センタープレス」を入れて本当にキレイに見えるのかやってみた。

STEP1 きれいに見せるならこれはNGの畳み方
よく言えば武骨、悪く言えばやぼったい印象のビフォー。もしこのデニムにジャケットを合わせるならアイロンクリースを。通常、デニムは「ハの字」に広げた状態から2つ折りにするがこれはNG。
STEP2 スラックス同様サイドで合わせるべし
キレイに見せるためには、ドレスパンツやスーツの組下、スラックスと同様に、サイドシームが上に来る形で畳もう。センターボタンから最も近いベルトループをつかむと、きれいに畳むことができる。

STEP3 デニムのねじれ問題は?
はきこむとねじれが生じるデニム。スラックスなどならシームを中央にもってくるべきだが、デニムの場合は別。ねじれたまま自然に畳むのがベターだ。
STEP4 温度は高めに設定すべし
手持ちのデニムが何オンスかにもよるが、一般的に生地が分厚いデニムはアイロンの温度を高めに設定することをオススメする。スチームを当てながらだと、なお効果的だ。

STEP5 アイロンは、どこまで?
しっかりと温めたアイロンは、膝下くらいまででOK! より上の方向までプレスすればその分カッチリした印象になるので好みによって調整をすべし。
STEP6 反対側も同様にプレスする
反対側も同様にプレス。先述の「コットンパンツ」同様に、完成したら、STEP(2)の状態でしばらく放置し、冷ます。これにより、クリースが長持ちするので覚えておこう。

たった10分でこんなに変わる!
センタープレスが入ったことで、シルエットが変わったことがわかるだろうか。これならテーラードジャケットにも◎。

※表示価格は税込みです。

文=川田剛史、西山 亨、樗澤広樹(編集部)

MEN'S EX

[MEN’S EX Summer 2021の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.